バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィングの魅力・・・1

来年度の新製品に、GWT610CLP+Jがあります。


このGWT610CLP+J。


いわゆるベイトフィネスと呼ばれる、ベイトタックルでやるフィネスな釣りに対応すべく開発されたロッドなんですが、これがまた、ゴールデンウィングらしさ満点の出来なんです。

そもそも、ゴールデンウィングはテクナのアラミドヴェールによる他素材混合の補強やエナジーのようなカーボンの特殊製法により補強を施されておらず、純然たるカーボンブランクです。

そこに軽さやシャープさを盛り込んでいるわけですから、当然メインのカーボンは高弾性が使われています。しかし高弾性をふんだんに使ったところで良いロッドが出来るわけでもなく、軽さを追求するあまり、スカスカの脆弱なロッドになってしまう場合があるので要注意です。

店頭でロッドを振った感覚では、軽さは最も分かりやすいポイントであり、各社そこに重きを置いて開発を進めた時期もありました。有名プロや人気ブランドがこぞって高弾性化を争った時代ですね。

さすがに今では4軸や6軸といった、要は補強の入れ方なんですが、トルクを生み出す製法を用いたり、ザイロンやアラミド繊維(アラミドヴェールとは全く別物)という異素材による補強、中弾性カーボンをメインに使うなど、トルクを重視するロッドが増えてきました。まぁ、この点は死角なき補強が出来ているテクナで間違いないわけなんですが・・・・。

では高弾性のカーボンブランクが使えないのか?と言えば全くそんなことは無く、状況によっては高弾性ブランクの特徴が使い手を助けることがあるのです。

例えば、JB戦などハイプレッシャー下で小さくてもとにかくキーパーを拾っていかなくてはならない状況(河口湖やスモールマウス狙いなど)や、一日中軽量リグをピッチングしていく、しかも魚は大きくなく、カバーも薄いといった状況(霞ヶ浦など)では、時にゴールデンウィングのようなシャープで金属的な張りを持つ高弾性ブランクが、トルク重視のテクナよりも操作性や使用感において上回ることがあるのです。

僕自身、JBのマスター戦は基本的に大人数、魚小さめとなっているので、試合本番はゴールデンウィング、エリートスーパーファイン(ソリッドティップ)の出番が増えますが、琵琶湖や八郎潟の遠征、利根川テトラ周り、ハードベイトなどは圧倒的にテクナの出番が増えます。

要は適材適所。ブランクの構造、素材の違いが同じ長さ、同じパワー表示のロッドであっても違う顔を持っている、どれがフェンウィックの良いところであり、作り手側の好みやトレンドによって、時に高弾性、時にトルク重視とアングラーを振り回さず、どちらもラインナップする、そこから自分にとって最良の選択をしてもらう、というのが基本姿勢なわけです。


おおっと、ゴールデンウィング魅力を語るつもりが脱線気味・・・・。

上記の内容を踏まえ、次回はゴールデンウィングの魅力、新製品の中身に迫ります・・・。


スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。