バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色塗り作業

カタログ作製が始まっており、その撮影用サンプルを用意しなくてはいけないこの時期。
開発の仕事として、サンプルの塗装があります。

タイミング的に工場が生産した本チャンと同じサンプルを用意することが難しいハードルアーの新型などは、カタログ撮影用のサンプルは自ら手塗りするしかないのです。

例えば来春発売が決定した、グロッキー
ボディの組み上げサンプルはあるものの、まだ工場に色の最終指示をしていない状況なので、カタログ用は手で塗るしかありません。


ティムコの開発課には研究室なる部屋があり、そこにはルアーの塗装が出来るブースや、切削、組み立てなどの装備があります。

でも僕がサンプルを塗装する際は、自分のエアブラシとコンプレッサーを使用しています。
コンプレッサーは中学生頃から愛用しているオリンポス社製で、使用感といい頑丈さといいお気に入りだからです。
エアブラシはさすがに何本か買い換えてますが、オリンポス、タミヤなどノズル径違いで数本を所有しています。


小学生のころからプラモデル作りが好きだった僕は、戦車(特に第二次大戦モノ)、歩兵のフィギュアからお決まりのガンプラ(1/144モデルは全て持っています。未開封多数)まで、作りまくってました。
兄貴の影響が大きかったのかな。兄貴は僕の数倍も上手で、セミプロ級だったですがね。


いやぁ~、まさかその20年後に仕事で使うことになるとはね。芸は身を助けるとでも言うのか、子供の頃の経験や知識って後々役立つこともあるのでバカに出来ません。

最近のファッペやマッペ、レッドペッパーなどの新色も、ネタ元は契約スタッフだったりするのですが、工場に指示を出すためのサンプルは当然僕の手塗りです。ですから工場製と同じレベルで塗らないといけないわけで、まぁ、結構シンドイ作業なんです。

特にシンナーを大量に使用するので体に悪い!!

1日塗装していたときなど、結構グッタリです。

微妙なニュアンスが気に入らないと、ボツも当然でます。何回も縫ってやっと納得するときもあれば、パッと思いつきで塗って即OK!なんてこともあります。

まぁ、ボツはその辺にブン投げておくこともあれば、自分がテストや試合で使ってることもあります。

例えば昨日塗ったコレ↓もボツ・・・。

なんでしょう?

ふ~ん、マッペね・・・。


ん?ちょっと違いますよ~。さて何でしょう?これも開発が進められていた新ネタです。まだどこにも出てません!
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。