バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競技として

バンクーバーオリンピックも大詰め。昨日は最大の注目競技、女子フィギュアがありましたね。
ま、金メダルが誰だとか、そういうのは結果なんでいいんですけど。

男子フィギュアも含めて、採点競技の難しさっていうか曖昧さを強く感じました。

フィギュアには細かい採点項目があるし、専任のジャッジもいるわけですが、それでも素人目に見ると???と思うことがありましたね。
冬季オリンピックは点数が多いとか順位が上だとかの単純決着で無い採点競技が多く、過去にも物議を醸したり。


僕個人としては、採点競技を競技って呼ぶのは難しいと思いました。そもそも採点で決まるってこと自体、競技という枠にはめるのにそぐわないのではないかと。

「演技力」「表現力」「美しさ」

こういった極めて基準の曖昧で、評価の分かれやすい項目が、「競技」という名を冠して順位をつけてしまうことに、どうも抵抗があるんですよね。

別にそういう項目を追求していくなら、競技じゃなくてショーでOKじゃないのかなぁ、と。
ショーはショーで、「魅せる」表現が必要なんだから、それはそれで厳しい世界だし、評価もされると思いますがね。



バスの世界で考えると。



トーナメントていうのは「競技」ですから、「表現力」とか「美しさ」に左右されること無く順位が決まります。だからこそトーナメントは面白いんだと思うし、勝って嬉しく、負けて悔しいんだと思います。
いくら楽しい釣りをしようと、かっこいいイケメンであろうと、あっと驚くパターンで釣ろうと、とにかく結果が負けたら負けは負け。シンプル。でも厳しい。

対して、メディアプロ?というか「競技」というフィルターを通さずにバス釣りの世界で名を馳せる人々もいるわけで。
この場合、「競技」ではないから順位は無い。むしろ1匹でも良いから絵になる魚を釣るとか、お題に沿った釣り方で釣るとか、イケてるファッションとルックス、発言で魅了するとか、まぁ、色々な判断基準で自らのポジションを築くことが出来るわけですね。これはこれで、魚を釣れば良いわけではないので、厳しい世界ですが。


そう考えると、スピードスケートとかカーリングとかは完全な「競技」だし、バストーナメントもこっちに属しますが、メディアプロ?やオカッパリスター?の方々は、フィギュアとかモーグルみたいなものかなぁ、なんて思ったり。


どっちの世界もアリ、なんですよ、もちろん。追い求めるもの、価値の尺度が違うってことです。


考えすぎと言うか、飛躍しすぎですかね。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。