バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わり。

まあ、ブログをとにかく更新しなかった一年でした。
Facebookの頻度が上がった年でしたね、個人的には。

2013年を振り返ると、おそらく生涯忘れ得ぬ一年になりました。

JBトップ50の第二戦の遠賀川から帯同し始めたわけですが、いきなり沢村さんがぶっちぎりで優勝を決めてくれました。自分でも予想外に涙が溢れてきて驚いたんですが、改めて「トーナメントが好き」ということと、「自分の手掛けた道具を選手に使ってもらう」ということへの責任と誇りを認識しました。


沢村さんの勝利は圧巻だった。サポートすることの喜びを確認した出来事だった。

その興奮が冷めやらぬうちに第三戦の北浦では北さんが初優勝。実力は十分分かっていただけに、遅すぎる感はあったものの、嬉しかったですね。沢村さんのときは感動、北さんのときは感慨がありました。


北さんの優勝はフェンウィックチームの雰囲気をグッと盛り上げた。

そして、北さんの年間優勝を見届けた最終戦。彼が号泣したのにも驚いたけど、僕自身にとっても悲願のタイトルだったので泣きましたよ。




自身のトーナメントは正直言って散々だったんですが、マスターズ三瀬谷戦で6位をRPM BIT-3で決めたことがハイライトだったかな。結果も大事だけど、そこに辿り着く過程が良かったな、うん。


釣れない試合なんだけど、それはそれで、しびれるものがあるよね。

仕事ではあまり良いことがなかったけど、フェンウィックについてはPMXがリリースされました。とにかく全身全霊を傾けて作り上げてきたし、当たり前なことだけど、誰よりも長く深くフェンウィックの開発に携わってきた自負はあります。ま、なかなか理解されない部分ではあるけれど、開発担当としては非常に達成感があります。

ティムコチームのプロスタッフ、フェンウィックを選んで
愛用してくれているユーザーの皆さんのバスフィッシングの一部に、僕が手掛けた道具が存在する事を誇りに思います。選んでくれて本当にありがとうございます。



来る年はどんな年になるのでしょうか。
波乱含みの一年だとは思いますが…。どーなることやら。

今年もありがとうごさいました。2014年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。