バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックを制したベイトフィネス

クラシックの優勝は沢村幸弘プロの圧勝で幕を閉じたわけですが、その沢村プロは見事エリート5に選出されました。


フェンウィックプロスタッフとしては、昨年のエリート5ウィナー北大祐プロ(遠賀川でしたね。フェンウィックプロが遠賀川のメジャー戦を連覇してるってことですな)も選ばれたので2名が今年最後のJBタイトル戦に臨むことになります。

しかしまぁ、沢村プロはクラシック(遠賀川)~ルア-マガジン陸王決勝(関東)~エリート5(非公開)~バサーオールスター(霞ヶ浦)と4連戦。
北プロもマスターズ第4戦(野尻湖)~TOP50第5戦(さめうら湖)~バスプロ選手権(河口湖)~クラシック(遠賀川)~エリート5(非公開)と、あっち行ったりこっち行ったりのハードスケジュール。

プロなんだから、の一言では片付けられないしんどさがありますね、トップで活躍するって言うのは。
沢村さんが決めた!
やっぱり沢村さんは凄い。技術、戦術、精神力。そして道具へのコダワリ。(写真NBC NEWS)


で、沢村プロのクラシック制覇でますます注目されるベイトフィネスの釣り。
沢村プロが遠賀川にはスピニングを持っていかなかった(船に積まないのではなく、用意していないということ)ことからも、活躍する幅がどんどん広がっていることがわかります。
これは、ベイトフィネスタックルそのものが日々進化を遂げている結果と言えるでしょう。リール、ロッドの性能アップ、バリエーションの増加がベイトフィネスタックルを使った戦略の幅を広げているのです。

とはいえ、ベイトフィネスを謳うロッドはまだまだ市場にはわずかしか存在しません。フェンウィックではいち早く、昨年にゴールデンウィングで1本、今年に入って2本を追加。現段階で3本(全てゴールデンウィング)のラインナップを揃えていますが、ベイトフィネスの釣りを研究すればするほど、素材特性やアクション、レングス、用途に応じてたくさんのラインアップが必要だと感じるのです。

そこでフェンウィックでは2011年に向けて、ベイトフィネスロッドの大幅拡充を決定。この1年間テストを続けてきました。その一部を使用して沢村プロはクラシックを制したというわけです。
ベイトフィネスオンリー
遠賀川を制したのはベイトフィネス。この釣りの開祖である沢村プロと最先端の道具が融合がもたらした結果。(写真NBC NEWS)

先日行われたティムコのディーラーショー(販売店様向けの展示会です)にて、その全貌が発表されました。
以下はショーの資料から抜粋したものです。



~2011年、フェンウィックのベイトフィネスは更なる進化を遂げる~

フェンウィックではベイトフィネスの開祖、沢村幸弘とのタッグにより、ゴールデンウィング・ツアーエディションに、ベイトフィネスロッドとして3機種を発表してきました。

いまや、全国各地でその有効性、現場のリアルな需要に応えるシステムとして注目のベイトフィネスタックル。フェンウィックではベイトフィネスロッドの研究開発を既に3年以上も続けてきているのです。
ゴールデンウィングの実戦投入から得たノウハウを惜しみなく注ぎ込み完成させたのが、2011年モデルのベイトフィネスロッド。

沢村幸弘のワンオフモデルを徹底的に磨き上げた、エクストリームモデルであるスーパーテクナ。
繊細さとパワフルさを両立させたテクナGP。
ベイトフィネスがソフトベイトのアプローチだけではないことを主張する、テクナGPファストムービングシリーズ。
テクナに匹敵するトルクを体感可能なエリートエナジーシリーズ。

それぞれのシリーズにベイトフィネスロッドをラインナップ。フェンウィックがこの分野における先駆者でありオーソリティであることを、ここに宣言します。



スーパーテクナ、テクナGPのベイトフィネスロッドには、以下の特徴があります
・フェンウィックオリジナル「フィネスガイドシステム」
Fuji MNSTトップ+KTSG+LNSG(全てチタンフレームSICリング)をオリジナルセッティング。ラインのブランクへの干渉を極力抑え、ブランクのスムースなベンドとネジレを抑制するマイクロサイズをティップ部に配置。徐々にサイズを上げてバット部にはバットパワーをアシストするダブルフットLNSG7,8を用いています。ラインの放出時の抵抗を軽減するとともに、整流効果を高めてティップ部へ向かってスムースなライン放出を実現しています。
また、バット部のガイド位置、サイズにはフィネスフィッシングには欠かせない、ラインスラックを巧みに利用する誘い、アプローチへのアシスト効果もあります。
ガイド数を増やし小口径化することで、ラインとガイドとの接点が増えて感度がアップします。また、ブランクのベンドカーブへの追従性が高まり、ブランクの持つ性能を最大限引き出すことが可能なっています。しかし同時に感度を上げ過ぎる、ラインのテンションを張りすぎる場合があることを度重なるテストの結果認識した私たちは、誰でも簡単にフィネスな誘いを可能にするために、あえてラインスラックを出しやすい傾向にあるセッティングを施しました。繊細なシェイクやリフト&フォールでは不可欠なガイド間のラインのたるみ。それをガイドが勝手に奪ってしまうことのない、釣るための実戦的なセッティングなのです。ガイド位置は同じ長さのロッドであってもアクション別に最適な位置に設定。スペシャリティーラインにふさわしい、徹底的に磨き上げたセッティングです。
フィネスガイドシステム
マイクロガイドシステムとは異なるコンセプト。軽さや感度の向上のみを求めるのではなく、釣るための要素を盛り込んだ。




・フェンウィックオリジナル「ラウンデッドトリガーリールシート」の採用
キャストはもちろん、リグの操作においても従来のベイトロッドとは一線を画す繊細さが要求されるベイトフィネスタックル。特に右利きアングラーが左巻きハンドルのリールを使用して、利き腕でシェイクなどを行う際に、ベイトロッドには当たり前の存在であったトリガーが、ハンドリングの自由度を阻害していたのです。
わずかに丸みのある(Rounded)最小限度のサイズにとどめられたトリガーは、キャストからファイトに至るまでの何の不足もなく、繊細かつ自由度の高い操作を可能にします。
リールをセットしてグリップすれば一目瞭然の握り心地。キャスト時(ワンフィンガーor
ツーフィンガー)からリグ操作時(ツーフィンガーorスリーフィンガー)への移行のスムースさ、リールを包み込むことによる安定感、そして微細かつ高速なシェイクのやりやすさなど、そのメリットは絶大です。
ラウンデッドトリガー
完全なトリガーレスじゃないのに注目。自分で作るとわかるが、完全に無いと長時間の使用では意外に疲れることが分かる

ワンフィンガースタイル
ワンフィンガーで握るとこんな感じ

2フィンガー
ツーフィンガーはこんな感じ。ティップをビビビ・・・と震わせる高速シェイクならスリーフィンガーでリールを包み込むように握るとやりやすい。また、ビッグフィッシュへの突っ込みでもツーフィンガーとスリーフィンガーの使いわけが必要


・軽量でシャープな使用感の実現
ブランクにトップコートを行わない、ガイドを留めるスレッド幅を短くするなど、ブランクに掛る重量を極力少なくし、フィネスなスタイルに欠かせない軽量でシャープな使用感を実現しています。
実はフィネスガイドシステムを組む際に、バット側2個を除いてKガイドのシングルフットガイドを使用したのには、スレッド幅を短くできるというメリットも考慮しています。フィネスガイドシステムは小口径化されたガイドを使用するため結果としてガイド数が増えます。ガイド単体の軽量化を果しても、繊細なティップ付近のガイド数が増えてスレッドとコーティングが増えれば、最終的にティップ周辺に乗る重さは少なくないからです。


で、今回の遠賀川で沢村プロが使用したのはこの2本 ↓
S-TAV63CLJ "Bait Finesse Special”  1/8 - 3/8oz. Lure 7 - 14lb. Line 
ゴールデンウィングGWT63CLJをベースに、トルクアップとアプローチの精度、操作性にさらに磨きをかけた、沢村幸弘の競技用ワンオフモデルを製品化。フェンウィックオリジナルの“フィネスガイドシステム”によって、マイクロサイズのガイドによるメリットとフィネスフィッシングには不可欠なラインスラックを使った誘いを容易にするセッティングになっています。
ティップアクション気味に仕上げられた繊細なブランクは一点シェイクを可能にします。キャスト性能よりもリグの操作性にこだわった、まさに食わせの1本。
・T-MNSTトップ+T-KTSG+T-LNSG。フェンウィックオリジナル・フィネスガイドセッティング。総ガイド数(トップ+11個)
・ラウンデッドリールシート
・ブランクに“Bait Finesse Special” 文字入り
S-TAV63CLJ


TAV-GP 65C L J " Bait Finesse Special“  6'5" 1/16 - 3/8oz. Lure 6 - 14lb. Line
テクナGPのベイトフィネスロッドの中で、基本となるアクション。6’5”という長さは操作性とキャスト性能、カバーへのアプローチなどを最大公約数でこなします。アクションもノーシンカーリグ、ダウンショットリグ、ネコリグ、スモラバからライトウェイトのテキサスリグに至るまでを広くカバーできる、やや強めの設定。使いやすさと魚を掛けてからのトルクはテクナGPに採用されているアラミドヴェールの真骨頂。テクナGPのベイトフィネスを体感するならこの1本から。
・T-MNSTトップ+T-KTSG+T-LNSG。フェンウィックオリジナル・フィネスガイドセッティング。総ガイド数(トップ+11個)
・ラウンデッドリールシート
・ブランクに“Bait Finesse Special” 文字入り
・“Bait Finesse Special” 専用ブランクカラー&スレッド採用
TAV-GP65CLJ

まだまだ他にも追加されるベイトフィネススペシャル。残りの機種は後日・・・・たぶん。




スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。