バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利だよ、ハドルボンド

最近ワームを切ったり貼ったりしてます。
開発の初期段階では時々やるんです。既存のワーム(自社、他社問わず)を切って短くしたり、手を取って別のワームに付けてみたり。

フックサイズとの相性を見たいときなんかも、切り貼りしてみます。
そんなときに大活躍しているのがコレ↓

あんまり売ってないんだよね首都圏では。
なかなか売ってないんだけど、これは便利。七色の山岡プロから教えてもらいました。

フィッシュアローさん取り扱いの「ハドルボンド」

詳しい成分はわからないけど、ワーム同士をくっつけるのには大変重宝します。
ライターであぶって溶かしてくっつける!なんてやり方は火傷も怖いし、なにより細かい作業なんて無理。
でもこのハドルボンドなら、ホントに模型を組み立てるがごとく、細かいパーツ同士を接合できます。
くっつけたところが硬くなりにくいのもグー。

サンプルの段階が進んでくると、仮型使って成型したプロトを使うので出番は減りますが、初期段階では便利だなぁ。

CADで削って、成型して、ってのも手段としてはあるんだけど、アナログなやり方が好きな俺です。

霞ドライブクロー?
他社製品で恐縮ですが、霞クローのボディにドライブクローのはさみを接着。付け根は薄いけどひっぱってもとれません。アクションも問題なし。



スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。