バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルスペッパーの新型・・・その1

ダブルスクリュー系というジャンルのルアー。

フローティングの場合はダブルスクリュー系というよりはスィッシャーですかね。ダブルスイッシャーとなればへドンのダイイングフラッターやスミスウィックのデビルホース、バルサ50のホッツィートッツィーあたりが僕の中学~高校時代の憧れでありお気に入りであったわけです。

ここ最近ではダブルスイッシャーの威力を再認識させてくれたのはスミスさんのプロップベイトやヒヨコブランドさんのドリラータイフーンといったところでしょうか。タイプが違うこの2つが、ダブルスイッシャーに脚光を当ててくれたのは間違いないでしょう。
ナチュラルな波動のプロップベイト、強波動のドリラー、どちらも実に特徴的なんですが、フォロワーとしてはナチュラルに寄ったものが多かったかな?
ウチのプロップペッパーは強波動系ですね。



話をダブルスクリュー系に戻すと。
シンキングではガンクラフトさんのスクリューベイトがその威力を多くのアングラーに認知させた存在であると思います。

抑えた波動でスローリトリーブ対応という点では昨年ブレイクしたウチのステルスペッパーやHMKLさんのK-1Macあたりがシンキングダブルスィッシャーを広く普及させたと言えるでしょうね。

ウチのステルスペッパーはプロップに極薄0.2mmのステンレスバネ材を採用したことで、極めてスローに引いても高回転します。スローでも高回転、コレ大事ね。

そんなステルスペッパーに新型が登場します!
新色じゃないよ新型ね。

それがコレ 

ステルスペッパー110S
ん?見た目は変わり映えしない?ボディもプロップも全部新設計。なによりサイズがね110mmですよ。

サイズ感がイマイチつかみにくいですね。じゃ、この写真。
サイズはこんな感じ
上からステルスペッパー110S、70S、55S。

新型のステルスペッパー110Sはのプロップは強度とサイズが大型化したことによるたわみなどを考慮して0.3㎜厚のステンレスバネ材を使用して新設計。
フックは3本にして、リアフック部分はペラとの干渉を防ぐ工夫を施しています。

これでベイトタックルでもブンブン投げられるし、サイズによるアピールも出来ます。琵琶湖とかでもガンガン使ってもらえるんじゃないかな。

フィッシングショーでは全色展示されますから、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。