バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシングショーで展示したもの・・・1

大阪のフィッシングショーでは、初出しのルアーもいくつかありました。その中の一つを紹介。

パドル風は2サイズ
PDLパドルテール(仮称)プロト。2サイズ同時進行中。


キャリアの長いアングラーなら「これ、どっかで見たことあるな・・・」と思うでしょう。
そう、これはかつてティムコがPDLのニオイ付ワームとして発売した“PDLスカンクシリーズ”にあったデザインがネタ元です。
スカンク
かつてのバスバブル末期に発売されたスカンクシリーズのファットアームパドル。

当時、僕はまだ開発課に在籍してなかったので開発の経緯は知りませんが、アングラーとして使った感想は正直言って「イマイチ」でした。

デザインをエビ風に仕上げ、パドルテール部分をタヌキのしっぽのごとく膨らませてバルキーにしたのは意図もわかるんですが、いかんせんマテリアルが良くなかった。

かつてパドルと言えばテキサスリグでカバーを撃つ代表的なワームでした。
ティムコではカルフォルニアワームというハンドポワードのパドルを、そりゃぁもう、山のように売った記憶があります。
ZOOMのブラッシュホッグの登場によってカバー撃ちテキサスリグ用ワームの座から陥落したパドル。
ジャクソンさんがクオンで発売したハンポワのパドルは間違いなくカルフォルニアパドルの流れを受けているはずです(エグシュンは印旛沼育ちだしね)。

当然のことながらパドルが釣れなくなったわけではなく、むしろ最近のパンチング等に代表されるカバーフィッシングでは「パドルがあったらなぁ」と思うことが多々ありました。
ホッグやクローは手足が邪魔なんですよね、ホントのカバーに入れようと思うと。



で、話はマテリアルに戻るんですが。


カバーを撃つにはワームが丈夫じゃないとイカンわけですよ。でもスカンクシリーズはすぐ裂けてしまう、使っててストレスがたまるワームでした。軟らかすぎるのも気になったし。
「ハンポワのパドルだってすぐボロボロになったじゃん」と言われそうですが、そうなんです。カルファルニアパドルもホントのヘビーカバーでは使えなかった。アシ際とかでは強かったけどね。

んなわけで、カバーを撃つにはシンプルなデザインで、ワームが裂けにくくハリ持ちの良いマテリアルであることが条件!となると、マテリアルの自由度が高い(硬さや塩の量、有無がコントロール可能)PDLで作るしかあるまいよ、となったわけです。


よって比較的硬めのマテリアルはノンソルティ。Garyのような塩たっぷりでソフトなマテリアルはヘビーカバーには不向き(ノーシンカーとかは最強だが)。
ボディの軸をシンカーの重みですぐ曲がらない太さを確保しつつ、フッキングをイージーにして、バルキーなんだけどシルエットはファジーに、ということでリブの大きめなリングボディを採用しています。

ヒゲは実は立体的なポジションから生えており、フォール時には細かく震え、着底後はフワ~っと広がってアピールします。
ヒゲはこんな感じで生えてます
実は金型に工夫が必要な、それなりに凝ったデザインなんです。

このテのワームは下手なアクションは要りません。スーッと落ちる、着底でブルンと震えて、後はゆっくり倒れる。これOK。カバーへスルリと入るように手足はナシ。

            シッポ
尻尾は断面が菱形に近い。パドルのようなパタパタとしたアクションはしないが、カバーに張り付きにくく、水押しも強い。エアホール兼ラトルホールが先端からあいている。

まだまだ細かい修正は必要だけど、結構いい感じで開発は進んでいます。小さいサイズはベイトフィネスにも対応するサイズだから、1/16ozテキサスにリグってブッシュとか撃ちたいですなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。