バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の超大国へ行ってきましたよ

先週は隣の超大国へ仕事で出張してきました。

まぁ、釣り具業界内ではよく知られた話なんですが、この時期には隣の超大国でも釣り関連のイベントがあって、各国からかなりの人が集まります。

隣の超大国の首都で開かれるショーには過去に行ったことがあったので、今回は地方都市で開かれる国内ショーに行ってきました。

仕事の詳細はお伝えできませんが、地方都市へ向かう移動経路といい、ショーの雰囲気といい、僕も隣の超大国に通いだして13年になりますが、なかなかタフでした・・・。
                     駅
             とにかく人だらけ・・・。なお、公安警察だらけでもあります(怖くて写真なんか撮れんが)。

ちなみにこの駅にたどり着くまでに地下鉄2つ乗り継いでます。妙に大阪の御堂筋線みたいなところがちょっとおかしかったり(このころは余裕だった)。

で、この駅からはローカル線に乗るんですが、旧正月休みがまだ明けきっていないこともあり、切符売り場も駅構内も人だらけ。
もちろん行列に並んで順番に・・・・なっていう文化はかの国にはございません。遠慮や躊躇をしていては一歩も前に進めないのです。

                    ローカル線
            乗ったのはこのローカル線。見た目の雰囲気はイイ感じでしょ。旅情溢れる?

乗ったのはローカル線。まさにリアル「世界の車窓から」です。
乗ろうとすると、すでに乗り口まで人がいっぱいです。荷物を置いてあとから乗ってくる人のことなど全く考えずに通路を塞いでいます。そしてタバコをプカプカふかしまくり・・・。



ま、ここは遠慮や躊躇は何の価値も生まない国ですから、ガンガン前に進みます。
              乗るのも降りるのも順番なんてないのだ
              当然、順番なんてないですよ。カオスです。


車内はもっとすごい。
当然満席で、棚には荷物が満載なわけです。こちらはスーツケースを転がしているので極めて邪魔な存在。
              で、すごいのはかの国ではこんな状況でも通路を行ったり来たりする奴がいたり(それもガツガツぶつかってきたり、押されたり)、ワゴンを押した物売りが来たりすること。

そのたびにスーツケースを頭上に持ち上げ、時には座席の隅っこに膝立ちしてやり過ごすわけですわ。
でかい声で怒鳴ってる(ように聞こえる)し、タバコは煙いし、食い物の臭いもキツいし・・・。
                いやぁ、こんなリアルな体験、なかなか出来ません!仕事で来てるから最初は「なんだかなぁ~」って気持ちでしたが、途中からはいい経験をしてるんだ、って思うことにしました。
アジアのローカル列車はタイのバンコクから南下した際に乗って以来かなぁ。あのときは一人旅だったし不安でいっぱいだったっけ。

           到着~
      到着。降りるのも当然ひと苦労。まだ目的地に着いてないのにぐったりです。


駅に着いたらタクシー。ここでもカオスな感じです。
           ま、珍しいことじゃないよね。
           スーツケースは砂ぼこりにまみれる結果となりました。



次回もオモシロネタ、の予定。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。