バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
残念ながらお亡くなりなられた方々のご冥福をお祈りし、そのご家族、関係者の方々にはお悔やみ申し上げます。







大震災から既に12日が経過しました。
別にブログを自粛していたわけではありません。
震災関連のニュースをテレビで見たり、新聞を読んだりしていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

八戸はかつて自転車で行ったことがあります。
宮古はヒッチハイクで行ったし、海辺で野宿もしました。
松島はロックフィッシュを釣りに何度も訪れた場所。
塩竃、仙台、網地島・・・思い出の場所がたくさんあります。

それらの土地に起きた、あまりに悲惨な現実と、日々の仕事、妻と2人の子供との生活に追われる自分とのギャップ。
もし自分の家族が被災していたら・・・・命を落としていたら・・・・想像するだけでも胸が張り裂けそうです。

そんな状態ですからブログを書く気にもならなかったですし、基本的に釣りブログ、仕事ブログですから無理に書く必要もないわけで、気持ちが落ち着くのを待とうと思っていました。


僕の家の周りも一部液状化しており、綺麗だった街並みが良く見ると所々壊れています。それを見るだけでもせつないのですから、被災地の方々の気持ちたるや察するに余りあります。



でも、僕らは否が応でも生活していかなくてはなりません。被災してないならば当然仕事にも行かなくてはなりません。僕の仕事とはバス釣りの道具を作ることであり、それを売ること。そのためにはバス釣りに行かなくてはいけないし、それを続けられなくなったら生活していけなくなります。

バス釣りに関わることで収入を得て、家族を養い、余暇を楽しみ、納税をしているわけだから、自粛することなんかできないし、する必要もないんだな、と。そういう気持ちに至ったわけです。


これから釣りという余暇を取り巻く状況は極めて厳しいものになるでしょう。
復興財源としての増税や手当、割引の見直し。赤字国債の発行、金利の上昇など日本経済そのものが厳しくなることが予想される中、余暇としての釣りに割かれるお金、時間は減ると思われるからです。

でも僕はバス釣りに行きたいし、関わる仕事がしたい。その気持ちは抑えることが出来ない。
だから、ここで頑張るしかない。他のことなど出来ません。



この震災の影響との付き合いは長い長い年月になるでしょう。
無事だった僕は被災地に思いをはせつつも、日常に戻ります。

ずっと自粛?無理です。不謹慎?そんなことないでしょう。



今日はフェンウィックの2011年モデル、テクナGPのベイトフィネススペシャルなどが当社の倉庫に到着しました。
仕入れ、検品作業を着実にこなしていかなくてはなりません。
同時に2012年モデルのテストが始まっています。震災の影響を考慮しつつも、良いロッド作りにはテストが不可欠ですから、その計画も立てなくては。

少額ですが募金をしました。もっと働いて稼いでさらに募金できるように日常をこなしていきます。

あ、JBトーナメントも今後の日程不明ですが、賞金を獲得した場合は、その一部を募金させてもらいます。これもひとつのモチベーションにしようかな、と(問題は獲得できるか、ってことですが。あと全額ではありません。せこいですが生活苦しいので)。






スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。