バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイトフィネスクロー発売

ベイトフィネスクロー


フィッシングショーで展示していたPDLの新製品PDLベイトフィネスクローが発売になりました。

今でこそベイトフィネスという呼称が定着し、システムとしてのタックルが確立されてきたので、何のためらいもなくベイトフィネスクロー、なんて名付けてますが、このワームの開発のきっかけは数年前に遡ります。

おそらく2005年に開催されたJBマスターズ霞ヶ浦戦。
僕の成績は50位そこそこで大したことなかったんですけど、プラではとあるワームが絶好調で釣れていました。
大混戦の北利根川でも人が流した後からでも余裕で食ってきたんですよね、そのワームには。

3.5gのライトテキサスにリグってラインはフロロの12lb。それを必死にピッチングすると、あら不思議!バスが簡単に釣れてしまったんです。
テナガエビが産卵のためにシャローに上がってくるタイミングとリンクした場合に、強烈に効くこの釣りはテナガパターンと称して霞や利根川を釣るアングラーなら意識して当たり前の釣りなんですけど、その時のテナガのサイズ、シルエット、フォールスピードなんかが、バッチリはまった感じでした(決して見た目のリアルさではない)。

その後、TOP50がそのテナガパターン時に開催されるようになり、市村直之プロや北大祐プロと同船してはその威力を確かめてきたわけです。
利根川のTBCでもウチの社員のO津君には教えましたよ。それで相当釣ったはず。
その秘密のワームは、まぁ秘密のままってことなんですが、そのワームにインスパイアされて作ったのがこのPDLベイトフィネスクローなんです。


肝心な点は、テキサス用のワームだからって、バルキーじゃないこと。
ついついフックのホールド性能を高めるためだったり、キャストのしやすさなんかを求めてバルキーになりがちなテキサス用のクローワーム。

もちろんバルキーがゆえに強烈に効くときもあるんですが、それではダメなこともあるんです!

全長がが小さくなるだけではなく、ボリュームも抑える。弱弱しくアクションする、これ大事。
さらに言えば、ワーム自体が軽く、シンカーも2.7gから下が定番となった今、キャストのしやすさ、精度を求めたらベイトフィネスシステムにたどり着くわけで、そうなるとフィネスなタックルでもイージーにフッキングできるハリ抜けの良さ、なんてのも重要なんですね。

ピロピロと弱弱しく動くカーリーテール。
プルプルとこれまた弱弱しく動く挟み。
ピリリリ・・・とハイピッチに動く逆付けフィン(エビっぽい!)。

まぁこれ、結構良い出来だと思います。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。