バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に行ってきた(仕事で)。

先週の土曜日から2泊3日で韓国に出張してきました。

中国、台湾には仕事で何度も行っているし、プライベートでタイを放浪したこともある私ですが、韓国は初でございます。

韓流ブーム(冬のソナタは全部見たなぁ・・・・)とか、K-POPとか何かと話題な韓国ですが、近くて遠い国とも呼ばれ、過去の歴史的背景で反日国家とも言えますな。

行きは成田から大韓航空でしたが、大韓航空と言えば爆破されたり撃墜されたり、ネガティブなイメージしかないワタクシ。
ところが乗ってみると快適そのもの(あたりまえだ)。エアバスの新しい機体だったこともあり、装備も良かったし、機内食もまあまあ。コチュジャンのチューブがフリーで貰えるあたりがイイです。

しかし、韓国のインチョン空港までは近い!2時間チョイ?せっかく快適な機内で映画を見てたのに、途中は早送りですよ(ちなみに映画は「英国王のスピーチ」。主役のコリン・ファースももちろん良かったが、妻エリザベス役のヘレナ・ボナムカーターが素敵だった)。

今回の目的は現地の取引先へのプレゼンとオカッパリ大会の視察。
オカッパリ大会はソウルから離れたデグ(今度世界陸上が開催される都市)方面に下った川(名前は知らん)で行われるため、空港からソウル駅へ地下鉄で移動、そこからは韓国式新幹線、KTXに乗り換えて行きます。
乗換も日本語表記があるから安心
地下鉄駅。切符買うのも乗換するのも全て日本語表記ありなのが素晴らしい。

KTXへ
ソウル駅からはKTXに乗り換え。ホームはなんとなくタイの駅にも似てるような。同行者によるとヨーロッパの風情があるそうな。

途中のソウル駅で夕飯を食べたわけですが、なぜか「さぬきうどん」・・・・。いや、全然さぬきじゃないし!
味は立ち食いうどん以下。
それでもね、出された水を飲める安心さ!周りの客がスーツ着てるし、若い綺麗なお姉さんもいるし、いやぁ~安心できる外国はイイ!って感じ。

隣の自称超大国と比べれば、そりゃもう、素晴らしく快適ですよ。

で、KTXに乗り込んでみたらその車両は何と!
ファーストクラスですよ!
ファーストクラスですよ。日本で言えばグリーン車?それともグランクラスか?

車内は3列シート。素晴らしい!広い!快適!
この前の隣の1党独裁国家に行った時は、リアル「世界の車窓から」だったというのに、何なんだこの違いは!
まずいうどんのことなどすっかり忘れ、「今回の出張はイイ感じだな」と悦に入ってました・・・。ここまでは。








KTXに乗ること2時間以上。快適なファーストクラスに別れを告げ、車に乗り換えて本日の宿を目指します。
近い韓国のはずが、この時点で自宅を出てから10時間経過。ガタガタな道路を走っていくのでシンドさも倍増です。

で、ついたホテルを見てピン!ときちゃいました。
JB選手がかつて韓国を訪問していた際の宿事情の話。




ははぁ~、やはり俺の海外出張はこういうことになるのね。





オカッパリ大会は田舎の川で開催されるから、適当な宿がないんでしょうな。しかも土曜日の夜だしさ。
同行者ともに通された部屋は・・・・


丸い・・・回る・・・
ブはははは!丸いぜ!コリャどー考えてもホテル違いでしょ!
俺の出張がこんなに快適なはずがないんだよ・・・。ファーストクラスの時点でおかしいと思わなきゃな・・・。

床はオンドルで温かいんだけど、部屋はいわゆるラ○ホテルですな、どう見ても。
そこで40過ぎのムサいオヤジが2人で一つのベッドに寝ろと。


出張だよ。
仕事だよね。

ハプニング、要らないでしょ。

どっち着るか・・・。
こんな備品が雰囲気を盛り上げます(なわけない)。

他にもあんな備品やこんな備品もあったりして、ホントに疲れましたよ。もうやだ、海外出張キライ。



仕事の話は大して面白くないので割愛(苦笑)。





楽しみにしていた食事も、うどん、蒸しパン、海苔巻と貧相な感じでしたが、何とか帰国直前に韓国らしい料理(焼き肉ね)にありつけましたよ。
カルビ最高!
焼き肉最高!おいしかった!また行きたい(どっちやねん)。

ポカリ・・・読めんがな。
ポカリスウェット。ハングル文字は全くもって読めないねぇ。

なんと韓国にMAXコーヒー
おお!千葉茨城のソウルドリンク、MAXコーヒーが韓国にも!




え、どうやってあのベッドで2人で寝たのかって?

そりゃ、もう、ね。アレですよ。こうなったら覚悟決めて、ね。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。