バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルスペッパーナチュラル

棚卸しとかロッドサンプルのガイド巻きに忙殺されている間に、ステルスペッパーナチュラルが発売されてました。

昨日棚卸しで、棚はあれども商品はなく、「しまった・・・・。」と気付いた次第。自分の分を確保し損ねましたよ。
サンプル作製段階でいくつか持ってるんだけど、製品版はゲットならず・・・。残念だ。

ステルスナチュラル
ステルスペッパーナチュラル。サイレントかつ見えないプロップが特徴。引いてみると、ホント、プロップ見えません!ボディがまっすぐ無防備に泳ぐだけ。

ナチュラルのプロップは軟質樹脂製
極薄ステンプロップのノーマルと違い、フラッシングや金属音は無し。水をかき回す波動のみが発生。

河口湖などで見えバス相手に使うと良くわかるんですが、ステンプロップのノーマル仕様に反応が良い時と、見えないプロップのナチュラルに反応が良い時と、違いが確実にあります。
どっちが良いってわけではなくて、反応の違いがあるので、ケースバイケースってことです。

個人的な感想としては、安定して結果を残してくれるのはステンプロップ仕様のノーマル。プロップの回転性能も樹脂プロップのナチュラルを上回るし、魚を呼ぶ強さがあります。

対して、少しプレッシャーがきついときとか、スーパークリアウォーター、ハイライトコンディションなんかでは見えない樹脂プロップのナチュラルが効く時がありますね。

使い方はノーマルもナチュラルも投げて沈めてゆっくり巻くだけなんですが、ナチュラルは樹脂プロップが浮力を持っているため、沈む速度がノーマルよりも遅く、超スローシンキングとなっています。
それゆえ、リトリーブスピードによるレンジコントロールがちょっとシビアかな。沈むのが遅くてかったるいぜ!とか、もう少し早く巻いても浮き上がってほしくない、って時には、ウェイトチューンを行いましょう。
ステルスペッパーは簡単に使えるルアーですが、少し手を加えることで、コンディションにマッチしたスーパーな1個を手にすることが出来ます(大量生産品では絶対に対応できません。なぜならバスのコンディションに統一基準なんかありませんからね)。

ウェイトを貼る時に注意するのは、ステルスペッパーの姿勢です。
リトリーブ中も、沈む時も極力水平姿勢を保つことが重要です。姿勢の違いで見切るバスが存在します。

ウェイト貼り。
ウェイト貼り付けの一例。結構早めに沈みます。姿勢はバッチリ。

ZAPPUさんの樹脂タングステンウェイトボード(Feco)を貼ればJBエコルールも対応なんですけど、このウェイト、最近入手困難なのが難点ですなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。