バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50オーバーのスモールマウス

何かと話題の福島県に行ってきました。

目的は当然、釣りです。
スモールマウスバスの聖地、桧原湖、そしてビッグが潜む下の池。スモール好きにはたまらない環境がここにはあります。

言うまでもなく福島県は東日本大震災の被災県です。太平洋岸だけでなく、内陸部でもがけ崩れや堰が壊れて水が出たり、被害がありました。
そして深刻なのは原発です。
放射能汚染が原発のある地域周辺を汚染しているのは事実でしょうし、その土地に住む方々が避難するのは当然のことです。
しかしながら、福島全体が放射能汚染されているわけではありません。
国や自治体の発表の真偽はわかりませんが、猪苗代や裏磐梯、会津若松といった観光地では、福島県というくくりによって、観光客は激減しているそうです。

桧原湖ではチャプターが開催されていますし、周辺の宿泊施設には原発事故による避難民が宿泊しています。避難してくる地域であって、避難すべき地域ではないのです。

今回は一泊二日の日程で、初日に下の池、二日目に桧原湖を釣りました。宿泊は曽原湖畔にあるさざなみ荘さんにお世話になり、少しでも地元にお金を落とすべく、給油もバッチリしてきました。

ま、いろいろ言ってはみたものの、本音は単純にこのタイミングで行くのが釣れそう!ってだけなんですが。


50オーバー!のプリメス
口閉じ尾開きでキッチリ測って50.5。2300gオーバーのプリメス。

この体高!太さ!
ラインはサンラインのFCスナイパー4.5lb。このサイズになるとある程度の太さが欲しいですね。ジャンプされまくるし・・・。
この時期はネストのタイミングでもあるんですが、下の池ではいくつかのコンディションのバスがいます。
一つ目は、プリスポーンの巨大メス。スポーニングフラットへ上がってきたばかりの個体で、ジャークベイトやステルスなどの表層系で浮かせて狙います。
二つ目はオスの構えたネストへ誘いこまれつつあるプリスポーンのメスとネスト(産卵前)周辺を保護するオス。ペアリングに近い状態で、基本サイトで狙います。まだ産卵していないメスを狙って釣るのがデカバスへの近道。
三つ目は、いわゆるネストのバス。オスがネスト(産卵後)を守っている状態です。

理想は一つ目のプリスポーンのメスを巻物で当てる展開ですね。
テストしたいロッドはスピニングなんで巻物の展開は仕事にならんのですが・・・・。

ステルスフィッシュ
同船者がステルスペッパー110Sで釣ったプリメス。オオッっとテンション上がるも今回最小サイズ・・・(それでも44㎝)。
ステルス70じゃないよ、110Sです

風も当たってたしそのまま巻物の展開でいけるか?と思った瞬間、もう一人の同船者がズドン!と掛けた!!
テクナGPのTF-GP64SLJがブン曲がって、ステラのドラグが唸る!!
いやね、あの巨体がドッボンバッチャン、ドババババ!と飛んだり跳ねたりするわけですよ。
ヴィクセン70!
ヒットルアーは何とヴィクセン70Fのアカキン!あまりの激しいファイトにリアのフックは折れた上にリングから取れてました。

ズドン!とヴィクセン70を襲ったプリメス50オーバー!
50.5cm。2500gはあろうかというビッグママ。腹の太さがハンパない。

デカ過ぎやろ・・・。
スモールがなんでスモールマウス(小さい口)って名前になったのか、この魚体を見ると納得。

今年も50倶楽部会員更新です。
この魚は二つ目のコンディション。ペアリング中のメスを狙ってキャッチ。
ロッドはスーパーテクナのS-TAV63SULJをガイド仕様変更したもの。このガイドセッティングがトルクアップと使用感の向上、4.5lbフロロを使用しても不満がないかの確認をしつつの釣りです。
本来ならこのサイズのスモールを狙う場合、もうワンランク硬いロッドを使用します。やすりの様な葉が大きいため、フックも通常のマスバリなどではなく、やや大きめのフック(ワッキーフック♯6など)を使用するため、フッキングパワーが欲しいからです。
しかしガイドセッティングをいじったことで、ティップ下からベリーにかけてのトルクやブランクのネジレへの耐性がアップするはずだったので、あえてS-TAV63SULJを選択しました。

結果としてはこのセッティングはとても満足のいくものでした。今後のフェンウィックのスピニングロッドの基本となりそうです。


さあ、初日の前半にして狙いがゴーマル、2キロ超えへと変わったこの日、同船者全員がゴーマル倶楽部の会員になれるのか(笑)。
残念?49.5cm。2キロ楽勝ですよ・・・
これはいったでしょ!と思っても49.5cm。いや残念、残念じゃないサイズだけど。

これが最小サイズ・・・
これは僕が釣った最小サイズ。45はあったと思うけど・・・。

腹の太さはこれが一番!
体高、太さはイチバン。でも47cm。ヘラブナのごとき体型ですよ。

結局、船中ゴーマル超えは2本。49.5が1本、48~44で3本。大満足な結果ですよ。
44㎝以外はすべて2キロ超え。エライことです。
もちろん、ネストにロックしてるバスを片っ端から狙えば数は伸ばせますけどね、ま、サイズが重要ってことで。


この体高があると口が小さいバスって名前が理解できる
きれいな水に綺麗な魚。



スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。