バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七色ダムで56センチ

七色のテスト初日は順調に進み、夕方を迎えて山岡プロが

「夕方やし、ステルス勝負しますか!地元のハンデで鬼形さんがエレキ踏んでください」
とな。

ムムッ、おもろい話じゃないか!受けて立とうじゃないの。
ってことでフロントデッキに移ってエレキを踏みながらキャスト開始。

ま、エリアを選択したのは山岡プロなんで、釣らせてもらったことに変わりはないんですけど。


しょぼいブッシュの横にステルスペッパー70Sをベイトフィネスプラッギンの新型でキャスト。
テロテロ~と引いてくると、オッ!ナイスサイズが追ってきた!・・・・・っと思ったらUターン。

一応、丸一日山岡プロの釣りを見学したのであわてずにバスの動きを見るとブッシュの手前でストップ。離れたところにステルスを入れなおすと、興味はあるようでゆっくりと向かっていく。

すると反対側からバスと同じくらいのコイが登場。ステルスに反応した!

「お~い、お前じゃないよ~。」

とコイをかわそうとちょっとスピードアップしたら、反対側からバスが急接近。大きな口を開けて、パックンと食う瞬間だけはゆっくりとステルスを咥えこんだ!!

「いやった~!勝負はいただき~。」

あまり大きくないと思っていたので余裕をかまして山岡プロを振り返ると

「いや、鬼形さん、マジででかいです。楽勝50オーバーですよ!」

とな。

確かに良く引くし、気がついたら船の下くぐって反対側でガバガバやってる!
エレキにひっかかったらアウトだからエレキをいったんあげてロッドをくぐらせ反対側へ。

あとはね、ベイトフィネスだからね。クラッチ切りでファイトしつつも余裕のランディングですよ。
ステルス70S+ベイトフィネスプラッギンでキャッチ!
フゥーッ。でかい口ですなぁ・・・。

56!
長い!七色のバスは頭が大きいけど基本痩せてるね。TF-GPベイトフィネスプラッギンの新作プロトにPX68フィネス(K.T.F.)、FCスナイパーBMS7lbの組み合わせ。

聞けば七色ダムでも55クラスとなるとそんなに簡単ではないそうで(当たり前だ)。ステルスの威力、健在!ってところでしょうか。

56!もういっちょ。
しつこい?このサイズが三瀬谷で釣れれば・・・(ムリなお願いだ)。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。