バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野尻湖戦のタックル

今回の野尻湖戦ではいつも多用するライトキャロの釣りを全くと言っていいほど行いませんでした。
野尻湖と言えば、シーズンの大半でライトキャロが通用する湖。もちろん、僕も今まではライトキャロの精度を高めていくことに終始してきました。あんまりバンクはやらないしね。

マスターズも同時期に何年も試合を行っているせいで、ライトキャロの釣りはもはや多くの選手の間で必須アイテムとなり、その精度もほぼ横一線になりつつあるような気がします(ハイレベルな選手間となればなおさら)。

その昔はラインの太さ、シンカーの重さ、リーダーの長さ、フックのサイズや重さ、ワームの比重、果てはスイベルサイズに至る細部に秘密があって、それらを適材適所で使い分けることが出来れば、それが出来ない選手を出し抜くことが出来たものです。

でもそこは釣りウマ、タフコン好きのマスター選手。当然、どんどん研究されていくわけです。

まぁ、ダルンダルンのよくわかんないメバルロッドとかの流用でキャロってるレベルなんてのは、もはや論外で、メバル・アジ系ロッドならEG社のハイスペックロッドを投入して当然ですし、フェンウィックのソリッドティップモデルの使用率も異常なほど高いのがマスターの野尻湖戦なんですな。

釣り方も、ハードボトムとか沈みモノに当てて止めておく、ラインテンションはダルダルに、なんてのも当たり前。使用するワームは逆にシンプルに絞られていって、イモグラブやインチホッグ、シルクワーム、チューブ、ハンハンあたりで普通に釣れてしまうわけです。

そう、釣り方やタックルがハイレベルに研ぎ澄まされていくと、付けるワームはあんまり重要じゃないっていうか、当たり前のワームでも普通に釣れちゃうんですね。だからワームで差をつけることもできません。

そんな感覚を持ちながら行っていたプリプラで、同じ一番館組の元祖劇場主、林プロからいただいたアドバイスが僕の視界をグァ!っと広げてくれたんです。

ん~、なんて言うのかな、ルアーを動かして、バスがバイトに至るまでを水中カメラで見ているようなイメージ?そんな感覚が降りてきたんです。

リグはダウンショット。シンカーは1/16oz。糸ヨレ防止にスイベルを付けること以外は何の変哲もないリグです。
ワームは色々投げましたが、Gulp!のマイクロシェイキーやスワンプミニ、スイミーバレットあたりを気分で付け変えてました。カラーに関してもある程度の法則性はあるものの、適当に投げた違う色でも食いましたね。

2日間ともほぼこのタックルのみ
ロッドはフェンウィックの2012年モデル、GWT-SF61SULJ。SFとは“スーパーファイン”の略。つまりソリッドティップ搭載モデルです。

このロッドはプロトモデルで、七色ダムとか三瀬谷戦、桧原湖などでテストを繰り返してきたものです。ようやく狙ったイメージに近いプロトが出来てきました(まだ完成ではないけど)。

このロッドを使うことで、リグの挙動やボトムのイメージがすごくわかるようになって、今回の試合中、特にトップウェイトを出した2日目は風があろうが周りに選手が何人来ようが、集中力MAX!で乗り切れましたね。

劇場開催中!
二日目試合中の大崎。このほかにもノムシュンがそばにいた。先に釣る、ミスしない、あせらない、など船団の中ではメンタルも大事(写真拝借 from こんぶさん)。

野尻湖に限らず、トーナメントでは極限まで攻めるタックルを使用することが多いので、信頼できるタックルであることが絶対条件です。信頼できるタックルは自分の力を補ってくれるし、メンタル面でも安心を与えてくれます。そりゃ、高価なタックルばかりでなんでもかんでも揃えられるわけじゃないですけど、ベストな布陣で試合はしたいものです。

参考までに今回の主なタックルはコレ↓

ダウンショットリグ (同じタックルを2セット用意)
ロッド:GWT-SF61SULJ (プロトモデル)
リール:ステラ2500S
ライン:サンライン・FCスナイパー2lb
リーダー:サンライン・Vハード0.6号
フック:キジぶどう虫バリ
シンカー:1/16oz.

キャロライナリグ 1(主にブレイクをアップヒルに釣る時)
ロッド:GWT-SF68SULJ (プロトモデル)
リール:ステラ2500S
ライン:サンライン・FCスナイパー2.5lb
リーダー:サンライン・Vハード0.6号
フック:渓流用フック
シンカー:エンジン・キャロライナシンカー各サイズ

キャロライナリグ 2(フラットでハードボトムコンタクト用、2セット用意)
ロッド:GWT-SF64SXULJ (プロトモデル)
リール:ステラ2500S
ライン:サンライン・FCスナイパー2.5lb
リーダー:サンライン・Vハード0.6号
フック:渓流用フック
シンカー:エンジン・キャロライナシンカー各サイズ


スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。