バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国でトーナメント その3

さてリゾートなホテルに泊まった後はプラクティスです。
なんせ日本チームは今日1日しかプラクティスが出来ません。前日はレジストレーションだのさまざまな予定が組まれていて、前々日の1日で試合に臨まなくてはならないのです。
リゾート
ホテルはプール付きのリゾートホテル風。でもバスタブが部屋の中にあったり、レストランはイマイチだったりで、ちょっと外見重視?な感じ。周りは別荘だらけ、まだまだ建設中ですが片っ端から売れてるそうな。バブルですな・・・。

ホテルからみる湖
ホテルのすぐ横が湖。試合ではこのあたりは禁止エリアでしたが・・・。

ティムコチームとジャッカルの小野さんはこの湖を釣るのは2回目ですが、前回に比べて気温もぐっと低く、放流バスの動向も不明ということで、完全白紙状態からのプラがスタートしました。

水牛で耕作なエリアもあり
湖上に出ればのどかな風景も見ることができる。水牛を使った耕作が行われていた(ボートは中国チーム)。

水牛は水浴び
水牛は近くで見ると結構大きくて、突っ込んできたらどうしようかと。つながれていておとなしいんですが。

利根川には乳牛?が放牧されているエリアがありますが、水牛見ながら釣りしたのは初めて。アメリカならワニを見ながら釣りしたけどね(釣ったこともあるし)。

湖の大きさは河口湖位?船が11フィートのパント(サウザー!)に55lb程度のフットエレキ(チャイナ製ミンコタ風)なんで、1周するのはちょっと無理。風が強く吹いたら大変ですが、なるべく広い範囲をチェック。
シャローフラットが多く、そこにはブッシュが数多く存在しています。水質はややにごり気味。白っぽい砂濁りで冬のカスミっぽいかな?魚探がなくディープとかピンを釣るのは不可能なので、目に見えるブッシュをスピナーベイト、カバークランキング、テキサスで流していきます。

こんなブッシュを撃ちまくり
こんなブッシュを撃つ釣りが好感触(Photo by 北大祐)。

おしゃれな別荘もあり
水牛エリアのすぐ横にはきれいな別荘。道路はさんで刑務所というシュールなロケーション。やはりこの国はカオスですよ。

夕方まできっちりプラをこなし、比較的パターンっぽいものを掴んだところで桟橋に帰着。帰着した桟橋ではさっそくメディアの取材を受けます。

大会期間はインタビューや撮影の連続
大会期間中は常にテレビカメラが回っている状態。即編集、即動画サイトにアップされる。

この時撮影したのはコレ
大会当日には既に会場で流れてましたね。

この日もリゾートなホテルに泊まり、翌日は選手用ホテルに移動、いよいよ大会日程が始まります。(まだまだ長い!)



スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。