バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖→池原ダムテストツアー

先週は琵琶湖と池原ダムに行ってきました。

もちろん、お仕事ですよ。誰が何と言おうと。

月曜日は月イチの会議があったので、それをこなしてから午後3時ごろに本社を出発。
ちょうど午睡の時間(そんなものはサラリーマンにはないが)なのか、猛烈な睡魔に襲われ危険と判断。海老名SAでひと眠り。
6時半に起きて、吉牛を速攻で食べてからはノンストップで滋賀県へ。船をひいてなければそんなにしんどくもなく、11時半には琵琶湖近くのいつもの宿に到着。

翌朝は8時に集合。
平村ガイドに同船して、現在彼とともに開発中のワーム2タイプの打ち合わせ、テストを行います。

平村君とは長い付き合いなので、釣りのスタイル、目指すものも理解しやすいし、意見を戦わせることもしばしばですが、それも信頼関係があってこそ。
彼のガイドは経験に裏打ちされた実践的な理論と的確な状況把握により、極めて安定した釣果をゲストさんにもたらしています。
もちろん、ゲストさんの要望に応じた釣り方、エリアを案内することも可能ですが、彼のガイドの真骨頂はシーズナルパターンに合わせた釣り。
琵琶湖と言えば豪快な釣りでビッグフィッシュなイメージですが、バス釣りである以上、シーズナルなパターンがあるのは言うまでもなく、さまざまな釣り方が楽しめるレイクなのです。

そんなわけで平村ガイドと「あーでもない」「こーでもない」と話し合いながらテストは進みます。
スライド
スピニングタックルでプロトワームを使いキャッチした50アップ。


このワームはマルチスライド(仮称)。バイトをたくさん取る、タフった時でもどーにかバイトを得る、釣れるときにはボコボコに釣れる、そんなワームに仕上がってきました。

この日の琵琶湖はターンオーバー全開で、にごりもきつく、北寄りの風が強く吹いていました。いつもならリアクションバイト狙いのハードベイト、ディープクランク、バイブレーションあたりの出番でしょう。フィネスなリグでは正直不利な感じでしたが、このマルチスライドはどうにか攻略してくれました。写真は撮っていませんが数はそれなりに釣れましたね。

もうひとつは、うってかわってロングワームです。
ロングワームとはいえ、これもコンセプトは同じ。バイトを誘発する、ビッグも狙えるが、安定して数も出せる、そんなワームです。
延々バイトなし、下手すりゃデコるようなバクチ的要素の強いストロングな釣りのしんどさを極力なくして、それでいてビッグフィッシュの可能性も高いワームを目指して作られました。

これがまさか、池原ダムでも火を噴くとはね・・・。

琵琶湖でテストを終え、平村君と夕飯を食べた後は池原ダムへ移動です。
琵琶湖から池原ダムまでは、実は結構遠くて、3時間では着きません。さすがに途中で睡魔に襲われ、真っ暗な山道の途中で車中泊。仕事で出張なのに車中泊ってのもなんだか変な感じですが、まぁ、場所が場所だけに仕方がないですな。

池原ダムでは七色ダムの生ける伝説こと、山岡プロとともに、ロッドを中心にルアー数種のテスト。
琵琶湖とは違うリザーバーでのテストを織り交ぜることで、道具の向き不向き、釣れる要素、足りないものを発見できますからね、いろんなタイプのフィールドに行くことは重要です。

ダム、ちょっと怖いです・・。
久しぶりの池原ダム。巨大なダムはちょっと怖いです。

この時期にしては多い水量と、雨による濁り、水温低下、部分的なターンオーバーとタフな状況で、初日は結構苦戦しましたが、それでもどうにかテストのお題を二人でこなしていきます。

さくっと
NewテクナGP&Newスモラバでさくっとグッドサイズ。

使用しているスモラバはベイトフィネス対応モデル。何が違うかと言えばフックですね。従来のスモラバ(PDLではミニラバ)っていうのはスピニングでの使用を前提としていることが多く、フックは細軸のものがほとんど。ベイトフィネスタックルの進化に対応しきれていない感じ。
その点、Newスモラバはフックがキャリラバと同じ軸の太さを持っており、しかもポイントまでキャリラバと同じアウトポイント。抜群の初期掛りを実現しています。
あとはアイの角度とか、ヘッド形状とか、まぁいろいろ工夫があるんですけど、それはまた後日。

こちらもグッドサイズ
負けじとエナジーベイトフィネス(プロト)&Newスモラバでキャッチ。

エナジーには繊細なENG63CLJとマルチファンクションとも琵琶湖フィネスとも言えるENG67CMLJの2本のベイトフィネスが追加される予定。ほぼ完成形に近づきました。

数本ずつアベレージサイズをキャッチしたのちに、山岡プロに「琵琶湖でこんなワームを試してきたんだよね~」っとロングワームのプロトを見せると、「お!これはイイですね!池原ではいま、空前のロングワームフィーバーですよ」とのこと。

ならば試してみましょうってことで、その釣りが効きそうなエリアへ移動。水深10m以上のディープをライトテキサスにリグったロングワームで探ります。

ビッグワームで
すると、どどーんとビッグな奴が。50無いくらいかな?。

魚探の反応を見る限り、ベイトとバスがいるのは間違いないのですが、なぜかライトリグでは極端にバイトが減りサイズもダウン。ビッグワーム(プロト)に変えるとバイト連発&サイズアップ!
あえて山岡プロがビッグワーム、僕がシューティング気味にスモールワームのダウンショットで攻めてみると、バイト数からして山岡プロの操るビッグワームが圧倒。
まぁ、デカけりゃいいってものではなく、ボトム付近での泳がせ方とかにコツがあるんですけどね。

ってことで初日はビッグワームの可能性を感じたところでタイムアップ。


2日目はビッグワームの釣りを少し追いかけてみようってことで、その手の場所探しからスタート。幸いにも朝の早いうちに正解のエリアにたどり着きましたよ。
ロッドも思う存分テスト
さっそく来ましたよ~!プロトのENG67CMLJ ベイトフィネスバーサタイルが弧を描きます!

50アップ!
はい!本日1本目の50アップ!

まる飲みです
8インチを超えるビッグワームをまる飲みです。

水深12m付近のボトムを少し(イメージ的には10㎝位?)切って、ダウンヒルに傾斜を添わせるようにワームをスイムさせると、微かなバイトが出ます。そのまま軽くテンションかけつつ深く食い込むのを待つと、バイトが深くなって、すっぽ抜けません。

その後は山岡劇場ってな感じでグッドサイズを連発!40アップくらいでは写真も撮りません。

僕はと言えば、テストってこともあって、あえて別のリグ、ロッドをテスト。
スピニングでもグッドサイズ
ついに完成したエナジー版ミドストスペシャルでもキャッチ!

ダウンショットのシューティングも試してみましたが、釣れるには釣れるものの、バイト数、サイズともやはりビッグワームの釣りが圧倒的に強い!ってことで、僕も真剣にトライ。すると・・・

ドドーンっと55!
ENG67CMLJ+5gテキサス+ロングワームプロトでキャッチした55㎝。痩せてるけど長くて顔デカ。
リズム掴んで、乗ってきましたよ~っと。
ブルブリの52!
今度は腹太の52㎝!いやもう、完全にパターンはまってます。そしてENG67CMLJもロングワームも完璧です。
結局、このパターンで55、52、52、48~45×5、40クラス×10、それ以下多数って感じ(二人で)で、山岡プロをして、「この時期の池原としてはMAXレベル」の釣りを、ちょっくらちょいと来たワタクシめがテストという大事な場面で体験することができたというわけです。恐るべし、山岡パワー。さすが七色ダムの水で産湯を浸かり・・・な存在だけのことはあります。
この日は持ち込んだテストロッドすべてで魚を掛けることができたし、試したいワーム、ジグでも完璧な形でテストを完遂。いやぁ~いいテストだった!




ところで紀伊半島では大雨によるがけ崩れ、土砂災害によって大きな被害が出ました。池原ダムへ向かう道では今でも大規模な土砂崩れの影響で迂回しなくてはいけないところもありますし、尾鷲方面に下る道沿いを流れる川では橋が流されたままです。
池原ダムの湖上から見れば、そこかしこに崩落の跡が見られます。その凄さにはビビるばかり・・・。

崩落してます・・・。
こんな感じの崩落がそこらじゅうにある。巨岩や巨木が転げ落ちてきてます・・・。
林道が・・・
上のほうをよく見ると林道が埋まってる・・・。

崩落はいつ何時進むかわからないので、危険ですよね。十分注意したいものです。



スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。