バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻きのベイトフィネスリール 

ライブリーペッパー60SPに限らず、シャッドやクランク、スピナーベイトなどファストムービング系のルアーを巻く時は、僕は主にPX68(K.T.F)とレボエリート(K.T.F)を使用しています。

まずハンドルは右利きなので右ハンドル。巻物用のリールはこれ以外も全て右ハンドルです。単純に左ハンドルでは安定して巻き続けることが出来ない、負荷がかかるルアーではシンドイ、という理由です。琵琶湖ガイドスタッフに聞いても、巻物は利き腕で巻け、ってことなんでね。ちなみにワーム系の釣りは全て左ハンドルです。

それからこれはあくまでも個人的な意見ですが巻物用のベイトリールにはほとんどの状況でハイギアは要らないと思っています。まれに超高速引きとかそういう状況に遭遇することもあるんだろうけど、ハイギアの巻きリズムは僕にはどうしても合いません。

PX68(K.T.F)はハンドル1回転で約65cmの巻き取り量です(8lbで30m程度の糸巻量の場合)。レボエリもギア比1:6.4のままなので1回転でほぼ同じ巻き取り量。これだとリールが違ってもルアーの動く距離はほぼ同じになるので、自分の中で巻きのリズムを把握しやすいんですね。
これがワーム用に使っているアルファス(K.T.F.)だとスーパーハイギア設定のため、ハンドル1回転で75㎝以上は巻けるわけで、同じリズムで巻いたらルアーはイメージより相当早く動いてしまうことになります。

上手い人なら「ハンドルゆっくり巻く」ことで対応できるでしょう。フッキングや回収スピードなどハイギアのメリットはたくさんあるので、巻きのスピードをしっかりコントロールできて、ルアーのレンジとか挙動とかを把握できる人ならハイギアでもOKでしょうね。
でも、僕にはちょっと無理。特に冬のシャッドなどゆっくり引きたい、ラインテンションを張り過ぎないで巻きたいときは、今使っているリールぐらいがちょうどいい感じなんです。

もう少し重たいルアーを投げるときはレボエリートのノーマルをそのまま使ってます。あとはメタニウムMGとかTD-Zとかもあるけど、ほとんど出番なしだな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。