バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクナGPのベイトフィネス・バーサタイル

テクナGPにはベイトフィネスモデルが数機種ラインナップされています。
もちろん、それぞれに特徴があって必要性を感じたからこそのラインナップですが、テクナGPだけでなく、ゴールデンウィングやスーパーテクナといった素材違いによる特徴の差を反映させているからこそのラインナップでもあります。

テクナGPの特徴と言えばなんと言ってもトルク。世界特許のアラミドヴェール素材が生み出す、ネジレ、対する復元力としなやかさは、高弾性ロッドにありがちなキンキンなんだけど脆弱、スカスカな感じは全くありません。ロッドが”曲がり”、そしてそれが戻ることによって機能するのであれば、アラミドヴェールを使用したテクナGPはまさにロッドのあるべき姿の具現化ともいえると思います。

そしてその特徴は、優れたアングラーによって適材適所を見いだされてきました。
なぜ、琵琶湖であれほどテクナGPが支持されるのか。それは琵琶湖とフィールドの特性にマッチしているからに他ならないのです。

世界にも類を見ない、ビッグフィッシュファクトリーであり、深い水深と豊富なウィードを持ち、ディープからシャローまでバスが分布している琵琶湖。そこで掛けたバスを確実に、アングラーの負担を少なくキャッチするためには、道具の性能に依存する、道具に出来ることは道具にまかせることが必要なのです。

そんな琵琶湖でフルタイムのガイドを営むスタッフからの要望もあって開発されたのがTAV-GP69CMLJです。
TAV-GP69CMLJ
このロッドの登場によってテクナGPの6フィート9インチラインナップが完成する。ULP+からMHまでの5機種で完璧。

このロッドはベイトフィネススペシャルの中に位置付けられています。実際のアクションはML表記でもわかるように、軟らかめのベイトロッドであり、ベイトフィネスのような特化したアクションではありません。むしろベイトフィネスの範疇のチョイ上、普通の中量級ベイトロッドのチョイ下、というところですかね。個人的には最後まで迷ったんですが、ベイトフィネスの上限、という扱いでベイトフィネススペシャルに組み込みました。

そしてこのロッドは琵琶湖ベイトフィネスの基軸ともなるロッドと言えるでしょう。
昨年夏から威力を発揮したPDLマルチスティックのリアクションネコや3.5g程度のライトテキサスによる釣りなど、いままでならTAV-GP69CLP+Jでやってたんですが、ちょっとウィードが濃くなったり、ワームがバルキーになったりするとロッドが力負けかな~って思う時もあったんですね。
琵琶湖ならネコリグって言ってもゲーリーの12インチとか、キンクーとか、バルキーなのもいっぱいあるし。

そんな時にバッチリハマるのがこのTAV-GP69CMLJです。
リアクションネコなんてきちっとウィード外してやらないとだめですからね。

で、このロッド。琵琶湖だけなのって言うとそんなことはありません。
わかりやすく言うなら、テクナGPでは人気機種に当たるTAV-GP611CMLP+Jという、特殊と言えば特殊なロッドがあるんですが、そのロッドの用途なら全部OK。

5~10g程度のヘビーダウンショット、5g以下のライトテキサス、センコー4~5インチのノーシンカー。もう全部OK!
611CMLP+Jがティップアクションでキャストフィールはお世辞にも良いとは言えなかったんですが、これはスムースベンドで気持ち良くキャストもきまります。オリジナルのフィネスガイドシステムも効いてますね。

関東のフラットレイクでは相当出番あるかなぁって思っています。もちろん、池原でやったロングワームの釣りなんかもこのロッドでバッチリでしょう。ロングワームってワームの長さにビビるけど、細身だし引き抵抗も小さいからあんまりヘビーなロッドじゃない方が操作性が良いんですよね。

これの兄弟ロッドとしてはENG67CMLJも発売になります。用途はほぼ同じ。素材違い、長さ違いって感じです。

便宜上ベイトフィネススペシャルだけど
ベイトフィネススペシャルだけど、ベイトフィネスバーサタイルと呼ぶのが正確かな。使い回しの利くロッドです。


スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。