バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスマスタークラシックの中継で

昨日に続き、B.A.S.S.のBassmaster Classic ネタ。

アマケンさんの船上からのライブ中継は、初日、2日目は大森貴洋選手、最終日はトッド・フェアクロス選手に同船して行われました。
Todd Faircloth
トッド・フェアクロス。スキーター&ヤマハに乗るエリートシリーズのツアープロ(Photo B.A.S.S.)。

トッド・フェアクロスって誰?ってな方も多かったでしょうが、ツイキャスを通してB.A.S.S.エリートアングラーが最高峰の舞台でマジ釣りするのを見ることができるわけですから、僕個人としてはかなり楽しみにしていました。

フェアクロスは1975年生まれでまさに年齢的にもキャリア的にも脂の乗り切っている時期でしょうか。テキサス州出身で、ホームレイクはサムレイバン。シャローのパワーフィッシングが得意で、クリアディープウォーターが苦手。ステーキとカントリーミュージックが好きで、釣り以外はハンティング好きという、バスフィッシング好きなアメリカンの典型的な人物とお見受けしました。


そんな彼の釣りをツイキャスで見ると、とにかくスロー。丁寧に丁寧に撃っていく感じ。要所要所ではパワーポール刺して、ワンストレッチを丁寧にテキサスリグで流していました。

アメリカのプロでシャローのパワーフィッシャーと言えば、凄い勢いでガンガン流していくイメージがありますが、この人は違いますねぇ。今回たまたまそうなのかもしれないけど。

春先の八郎潟にも恋瀬川の奥にも似ている雰囲気のシャローをテキサスリグで撃っているわけですが、使っているワームがな、なんとフラッピンホッグ。ゲーリーヤマモト×ティムコのワームじゃないですか!


いやぁ~、胸が熱くなりましたね・・・。なんでって?

このフラッピンホッグ、僕がデザインしたから。



外部スタッフはこのフラッピンホッグの開発には一切かかわっていません。社内の人も全く。僕が欲しいな、と思った形をGary側にオファーして作ってもらったと。
オリジナルの4インチ、Jr.サイズ、そしてラージサイズの5インチがあります。
ラージサイズに関しては、アメリカのGary本社から「契約プロからサイズの大きいフックを使いたいから(#4/0~)、ボディの大きいフラッピンホッグを作らせてほしいんだけど?」って頼まれたのでOK出して向こうの意向に合わせて作ったものです。

そんなわけだから、自分の作ったワームがこれ以上ない真剣勝負の場で、実際に使われている、そのことに感動してしてしまったわけです。

まぁ、アメリカのトーナメントと言えば、常に同船者がいるわけで、公式発表と実際に使っているルアーが違うことも多々ある事実は公然の秘密となってますね。とあるメーカーはとにかく自分のところのワームを使ったとウェインステージでしゃべってくれればボーナス払っていたり。

フェアクロスもGaryからサポートを受けているわけですから、当然、取材の釣りとか公式発表ではGary製品を使ったりするでしょう。でもなんと言っても、クラシックの試合中ですからね。マジで信用して使っているんでしょう。実際に3本のロッドにリグってあったし。

フラッピンホッグ!
アマケンさんが中継でワームを確認して見せてくれましたよ。まぎれもなくフラッピンホッグです。カラーは#208番ウォーターメロン/レッドフレークですね。(ツイキャス from アマケンさん)



いやぁ~、トッド・フェアクロス、惚れたぜ~(笑)。俄然、今後も応援します!


ほかにもカットテール、センコーがリグってありましたね。釣れるってことが最優先ですが、スポンサー製品を信頼できてるんですから、イイやつやなぁ~って思います。
フラッピンホッグは日本でももっと使ってもらえるとうれしいんだけどね。バタバタ動くだけが重要じゃないってこと、わかってもらえると思うけどな。関係者でも使わない人いるし。

Jr.なんて正直言って、すっごい釣れるけどね。

アメリカのプロはコンフィデンスを持っているルアーやタックルは容易に変えたりしないみたいだし、フラッピンホッグも使い込んでいるんでしょうねぇ。
大森貴洋プロなどはサポート受けていても、ブラッシュホグとスイートビーバー、バルサB2・・・。ある意味絞り込んでいますなぁ。



とにかく使われていて嬉しかった。それだけ。別に売れても売れなくてもいいんです、ぶっちゃけた話。使ってくれて釣ってくれる人が少しでもいれば。自分で使って釣れれば。







スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。