バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターズ河口湖戦を振り返る・・・3

さて間にTOP50があったりしてすっかり色あせてしまった感のあるマスターズ戦ですが、振り返りが終わってなかったのでアップ(自分の備忘録も兼ねてるので大事)。

初日を16位という微妙な順位で終えてしまって考えることは、「絶対にゼロはイカン」ってこと。マスターズ戦の試合形式は順位をポイントに換算して2日間積み上げるだけの単純な仕組み。ゼロは参加ポイント(5点)しかつかないので、大幅に順位を下げてしまうのです。
例えば初日は71人釣っていて、71位のポイントは50点。ゼロくらった72位以下は5点となってその差が45点も付いてしまうんです。初日トップでも2日目にゼロを喫した五十嵐クンは総合45位まで下がってしまいましたからね。マスターズ戦では爆発的なウェイト以上に2日間確実に釣ってくる力が必要なんです(その賛否はともかく、ね)。

2日目スタート前
2日目スタート前。霧が濃く、気温も低かったが天気は晴れ予報。ミーティングでスタートディレイと帰着時間の延長、9時までのスロー走行が決定。人数が減ったマスターズだが、その分経験値の高い選手が多いせいか混乱はなかった(Photo by NBC NEWS)。

2日目は霧でスタートが遅れ、安全確保のために9時までは全域でスロー走行(デッドスローではない)が義務付けられました。それに伴い試合時間も30分延長されたわけですが、これは結構勝負の分かれ目だったかもしれません。この日は好天で水温が上昇、昼前ぐらいからシャローにどんどんバスが差したようです。前日プラでも把握していた通り、シャローに差したてのバスは比較的容易に口を使うので、試合の後半にラッシュがかかった選手が多かったように感じます。

そしてそのラッシュを目の当たりにすることになったのです。
fc2blog_201204160734056db.jpg
2日目の昼前から入った白須エリア。シラウオパターンを含むプリスポーンバス狙いの大場所中の大場所だが、釣れるスポットは限られている。もっと早めに行くべきでした・・・

スタート直後は黒岩ワンドに残り放流を狙いに行くも見つからず。
その後、西湖放水路~長浜をさっと流して不発。戸沢周辺のブッシュに行くも、選手が張り付いていて入れず。産屋橋脚でネガカリ外しついでに覗いたら、ボロボロの放流が橋脚でたそがれていたので(苦笑)、サイトで釣ってまず1本(約700g)。
ゼロは回避したものの、このままでは順位が下がってしまうので、何とか後2本は釣りたいところ。

晴れてきてそよ風も吹いて、水温も上昇してきたので一発逆転狙いでネイティブ求めて白須へ行ったのが11時半ごろ。
お堂前の張り出しのアウトサイド側の岩には入れたので、そこへキャストしながらシャロー側を見ると、オブザーバーを乗せたアルミが1艇。

まさにウィナーとなるその選手の釣りは圧巻の一言。
目の前で5~6本は立て続けに釣ったかな?どれもデカイ!入れ替え作業も1キロばかりでは計れないのか、最後は目分量(笑)。どう見ても7~8キロは釣ってます。
しかもシャローに点在する小さい岩にひたすらキャストし続けて食わせています。その岩にどんどんバスが入ってきているようです。
周辺の選手はただ眺めているだけ。初日上位選手が入れ食っている以上、当然距離を取って見守るよりほかはありません。

そんなデカバスラッシュを眺めながらも、アウトサイドの岩でステイさせていたアンクルジョッシュミートのジグヘッドリグにも生命感が!

デカバスラッシュを見てるだけに、「起死回生のデカイのキタ~!」っと思ってドラグを調整したりしてみますがあっさりネットイン。
なんと過去放流・・・。

魚体はスリムでネイティブっぽいですが、口の小ささ、ヌルヌルな感じは多分放流バスですね。
それでも貴重な1本(約700g)を追加して帰着時間となりました。

2日目ウェイイン
2日目は2本で1444g。単日32位。右手に持ってるバスが直近の放流バス、クラッピーみたいな体型ですな。


総合成績は13位。秋のバスプロ選手権の権利(1試合ごと上位20%)は確保。年間成績としても悪くないポイントは稼いだと思うけど、賞金圏内には届かず・・・・。
なによりも目の前で入れグイショーを演じられたこと、ネイティブを釣らなきゃ勝てないっていうことを昨年秋から自覚しておきながら、結局は放流バスでの安定した結果を求めてしまったことなど、反省材料の多い試合でした。

銀山湖、河口湖とあっという間の早春2試合が終了。マスターズは早くも折り返しです。

次は灼熱の三瀬谷ダム戦。
目標は当然優勝ですが、年間成績としては5位以内で今年から狭き門になったクラシックの参加権利を確保したいところ。
最終戦の晩秋の野尻湖と残り2試合、クラシックに出るには毎試合15位以内が最低ラインでしょう。でも賞金となると10位以内。優勝狙うにはある程度ギャンブルも必要。

試合まで悩むとしますかね。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。