バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桧原湖で研修

ツイッターやフェイスブックで既報のとおり、6/6~9の4日間で福島県は桧原湖に行ってきました。

目的は社員研修。
研修の目的は最先端のウルトラフィネスの体感、その他新製品のチェックです。

ロッド大量!
研修には2名が同船して釣りするので、タックルが最低3セット必要。その準備だけでも一苦労。糸巻きなんて終わりませんよ・・・。

「ウルトラフィネス」をテーマの一つにして展開しているゴールデンウィング・スーパーファイン(GWT-SF)シリーズの3本、GWT-SF61SULJ,GWT-SF64SXULJ,GWT-SF68SULJのリグ別、場所別使い方。
2011年JBクラシック野尻湖戦を制したS-TAV61SLJとGWT-SF61SULJの使用感の違い、用途。

組み合わせるラインはもちろん、フック、シンカーのウェイトや形状、スイベルやリーダーの選択など細部にわたって、それを選ぶ理由、特徴などを説明、体感してもらいました。

自社製品の知識は当然ですが、営業たるものそれに付随する自社製品以外のネタも知っておいて語れなくては、お店で信用してもらうことはできません。
むしろ自社製品の売り込みなんかより、「ああ、この人は釣りのことわかってるよなぁ・・・」ってネタが話しの細部に垣間見える人を信用しますね、ボクならば。


桧原湖は滞在中にスポーニングのピークに突入したかな?って感じでした。初日よりも2日目、3日目にはペアリングしてるバスやネストの数が増えてましたからね。

浅いレンジはどうしてもネスト混じりの釣果になってしまうんですが、エリアによってはエビを大量に捕食している回復系?もしくはこれからスポーン組も狙って釣れたし、表層まで浮かせて巻いて食わせる個体はネストではないフレッシュなフィーディング系のバスでした。
釣れますね、桧原湖
このサイズはたくさん釣れます。口にエビをため込んだフィーディングのバスをS-TAV61SLJでネコリグを駆使して攻略。

今回ネコリグやダウンショットリグで多用したのは7月発売予定のPDLウルトラフィネスクローラー3インチ。特にネコリグとの相性は抜群で、ソフトかつノンソルトなマテリアルがボディのしなやかで微細なバイブレーションと、ハリ持ちの良さ、透明感のあるカラーを実現。もちろんエビフレーバー付きのJB/NBCのFeco認定素材です。
ウルトラフィネスクローラーのネコ
PDLウルトラフィネスクローラー。今回はネコリグで多用。ネイルシンカーは1/64~1/42oz.が狙う水深にベストマッチ。

このスモールワームのネコリグ。適当にやってるとウマい人にボコボコにやられます(僕も何度も経験しています)。
ラインスラックの出し方、シェイクの幅、速さ、ボトムなのか?ちょい浮きなのか?中層なのか?など、その時にベストな状態を演出できなければ、出来ている人との差は歴然です。

事実、研修で釣らせようとしてもちょっとしたアクションの付け方の違いで、釣れる人とそうでない人の差が出ました。
じゃ、すごく難しいのか、っていうと、実は今回使用したロッドを含めた先進のタックルを使うことによって、簡単になる、ってことなんです。それを実感してもらうための研修といっても良いかもしれないですね。

PDLウルトラフィネスクローラーで
きっちり操作できれば連発です。

新製品ではないですが、激釣れルアーのステルスペッパー70Sの威力も体感してもらいました。

ステルスペッパー!

なんぼでも釣れます。

初日はほぼ終日、2日目、3日目は夕マズメにステルスペッパー祭りが始まって、3人で投げまくって怒涛のラッシュ!
1時間で船中20~30本ペース。フィーディングでシャローに上がってきたバスを水面直下で食わせるため、バイトシーンはまる見え、勢い余ってヘッド&テイルで水面飛び出すバスはいるわ、ルアーを取りあうバスはいるわで、ホント楽しいひと時でした(仕事で研修なんだけどね、楽しまなくちゃ)。

磐梯山
夕方の磐梯山には虹がかかってました。桧原湖、イイところです。

Tackle 1 (ダウンショット&ネコリグ用)
ロッド:フェンウィック GWT-SF61SLJ or S-TAV61SLJ
リール:シマノ ステラ2500S
ライン:サンライン FCスナイパー 2.5lb
ワーム:PDL ウルトラフィネスクローラー

Tackle 2 (ロックエリアのキャロ用)
ロッド:フェンウィック GWT-SF68SULJ
リール:シマノ ステラ2500S
ライン:サンライン FCスナイパー2.5lb
シンカー:スタジオ100 キャロライナシンカー1.8~2.4g
リーダー:サンライン トルネードVハード 0.6号
ワーム:ゲーリー シルクワーム

Tackle 3 (フラットエリアのキャロ用)
ロッド:フェンウィック GWT-SF64SXULJ
リール:シマノ ステラ2500S
ライン:サンライン FCスナイパー2.5lb
シンカー:スタジオ100 キャロライナシンカー1.8~2.4g
リーダー:サンライン トルネードVハード 0.6号
ワーム:ゲーリー シルクワーム、サタンワーム3インチ

Tackle 4 (ステルスペッパー70S用)
ロッド:フェンウィック TF-GP64CLJ “Bait Finesse Pluggin'"
リール:PX68 KTF (ノーマルギア、右ハンドル)
ライン:サンライン FCスナイパー BMS 6lb
ルアー:ステルスペッパー70S (シャート系)




スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。