バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルスペッパーをより使いやすく。

先日の桧原湖研修でも朝夕のプライムタイムには大爆発していたステルスペッパー

回転I字形とも言われ、高速回転するダブルプロップと動かないボディでラージもスモールも魅了してくれる、激釣れルアーです。
サイズバリエーション、プロップのバリエーション、今年はファストシンクモデルまで追加されていますが、その使い方は原則一緒です。

魚の目線の上、を通すこと。これが最大のキモ。

ファストシンクモデルは重たいが故の早く深く沈めるモデルのように感じますが(実際そうなんですけど)、僕個人的には実はノーマルモデルと同じレンジで使うことの方が多かったりします。
なぜに自重アップもファストシンクモデルが必要なのか?と言えば、単純に「早く引きたいから。」

ノーマルモデルに比べ、ファストシンクモデルは重さがある分だけ早引きしても浮きあがってこないし、ボディも回ったりゆれたりしにくいわけです。
ステルスペッパーが一番釣れるのは、水面下10センチ程度だと思っています。
水面に出てもダメ。深すぎてもダメ。引き波を立てるのもダメです。
なおかつ、その水面下10センチをリトリーブ開始から終わりまで維持しつつ、一定速度で引く!

桧原も野尻もそうだし、河口湖でも三瀬谷でも七色でも全部おんなじ。


ノーマルモデルは似たようなプロップベイトの中でも最もスローに一定層を引けて、ちゃんとプロップが回転するルアーです。
ファストシンクはもっと早い速度で巻いた時に反応が良い場合、強い。今まではウェイトを貼ったりして使ってたんですが、これからはファストシンクですね。



で、このステルスペッパー。

水面下10センチを保ちながら一定速度で引くのって意外に難しい。ルアーの挙動をしっかり見ていると、以外に早くなったり遅くなったりレンジが安定しなかったりしていることが分かります。
逆に、ルアーの状態をしっかり把握することが、釣れるリズム、レンジを把握することに繋がると言っていいでしょう。

そのためにはルアーがはっきり見えないといけません。
だから背中にインジケーターを貼ります。使うインジケーターはコレ
ルアーインジケーター
隠れた名品、ルアーインジケーター。マルく切り抜かれているインジケーターがですが、実際はその余白部分を棒状に切って使います。

このインジケーターは開発担当者がカラーはもちろん、その褪色加減、視認性、シールの粘着強度などたくさんのサンプルをテストしてたどり着いた逸品です。もともとが視認性の高いカラー以外の表層系ルアーにはほぼすべて貼っています。
背中
ノーマルの背中。綺麗に塗装されていてちょっともったいない気もしますが・・・。

細く切ったインジケーターの余白部分をステルスの背中にべったりと貼り付けます。完全な逆行時は厳しいですが、ローライト下では抜群の視認性です。
べったりと貼ります!


おいおい、背中のカラーリングが台無しじゃんよ・・・って声が聞こえそうですが、イイんです!
間違いなくステルスペッパーが使いやすくなります。そして正しく使えるようになります。

結果として、釣れるようになります。




スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。