バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば2012年

2012年も残りわずかとなりました。

シャッドのタックルについて書こうかと思っていたら、あっという間に大晦日でした。

2012年のトーナメントは、今ひとつ噛み合わない試合展開を余儀なくされ、不本意なシーズンでした。掴んだと思ったらハズすといった感じで、まぁ、これがバスフィッシングの楽しさかな、と。

仕事では、まぁ、あまり特筆することはないんだけと、嫌なことというか、しんどいことが多かったかな。仕事の中身、ロッドの開発はやりがいあるし、楽しいし、自信もあるんだけどね。

プライベートではカミサンに癌が見つかったり、感染症でしばらく出勤停止になったり、まあまあバタバタでした。二人の息子は元気いっぱいですから、良しとしなくてはいけませんかね。

自分としてはSNS元年というか、ブログ、Facebook、ツイッターを使い分けるようになったことで、多くの方々と交流できました。賛否両論ある世界ですが、もはやこの流れは止められないでしょうし、やるとやらないでは違う世界があるかな、と。


なんてことを紅白歌合戦見ながらツラツラと書く時点で、それは幸せな生活なんだとおもいます。


トーナメントも仕事も、全てはバスフィッシングが自分にあたえてくれたもの。
それらを通じて多くの方々との出会いがあり、喜び、感動、興奮、悲哀を味わうことができました。

ティムコプロスタッフの皆さん、トーナメントで出会ったライバルの皆さん、お世話になった方々、楽しませてくれたバス達に感謝します。

来る2013年が良き年になりますように。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。