バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からトップ50桧原湖戦



明日からトップ50第四戦、桧原湖戦が始まります。
北大祐選手の直前プラ2日間に同船し、桧原湖の状況は大筋で把握出来ました。
実は2週間前の山岡計文選手のプリプラにも同船したのですが、その時は良く釣れる印象で、ハイウェイトが期待されましたが、直前プラの様子を見る限りは、かなり難しくなった感じです。

ターンオーバー、減水、ピーカン天気、選手達のプレッシャーなど、マイナス要因てんこもりで、ハイウェイトどころか、きっちり釣ることの方が重要になりそうな状況です。

しかし、明日から台風接近に伴い天気は下り坂。雨、風がバスの行動に大きな影響を及ぼすことは必至で、一転して釣れ釣れ大会になることも十分あり得ます。

タフなままなら3キロはかなりのグッドウエイトでしょうが、釣れ釣れになると団子の中になる可能性もある?

いずれにしても変化に対応出来た選手が上位を占めるのは間違いないところです。
年間争いではティムコチームの北大祐選手が暫定首位ですが、「目の前の試合に集中して戦う」とのこと。

上位陣の中でも篠塚選手、市村選手、シンゴ選手などスモールマウス戦を得意とする選手が多く、まだまだ年間争いは波乱含みとなるでしょう。
とにかく初日をしっかり釣ること。大半の選手がリミットメイクする桧原湖戦では初日に出遅れると挽回はかなり難しくなります。足が早く再現性の乏しいスモールマウス相手では、ワンデイ試合を3日間やる、という気持ちが必要かもしれません。

遠賀川では沢村選手、北浦で北選手が優勝を飾り、ティムコチームはトップ50連勝中です。今回も頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。