バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグ

フィッシングショーも近づいてきたので、サンプルの手配やら展示方法の調整など、まぁそれなりに忙しい毎日ですが・・・。

今日は新作ジグのスカートとガードの硬さでハマってました・・・。

ウチのシリコンスカートは、間違いなく「釣れる」シリコンスカートだと思います。カラー、硬さ、太さと色々釣れる要素はありますが、「全体的な質感」これが最も重要だと思います。

いろんなスカートを見比べると、例えばブラック単色でも大きな違いがあることに気づくでしょう。
靴底のようなにおいがするもの、同じ太さでもハリがないもの、妙なテカりがあったり、触った感じがなんとなくイマイチだったり。
色やラメ、プリントなどもよく見れば違いますね。

どれがいいのかは、まぁバスに聞かないとわからないわけですが、「これ釣れるよ」と言われるジグだったり、スピナーベイトだったり、あるいはスカート単体であったりを辿っていくと、実は出所が同じスカートの場合も多々あります。

あいまいかもしれませんが、「これ釣れそう!」って思えるカラー、質感のスカートであることが重要ですね。

スカートカラーも悩むね
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。