バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBエリート5



正月元旦から5夜連続放送された2013JBエリート5。
この試合にはティムコチームの北大祐選手がトップ50年間チャンピオンとして出場していたため現地にてサポートと写真撮りを行っていただけに、雰囲気も流れも良くわかっていました。
各選手の様子、デッキの上のタックルなども見てきましたし、話も聞いていたので、放送された内容も合わせると、それはもうこの試合が立体的に感じられるわけです。


エリート5は釣りビジョンのコンテンツとしての要素が強く、手の込んだ撮影に時間を割く。選手としてはテンションの維持が難しい?

五人分を見終えた感想としては、開催地が北浦水系ってことで、ある程度自分にもなじみがあるせいもあるけど、シークレットな場所なんてほぼありませんね。
川口選手の常陸利根川、北選手のテトラ、イッチーの山田、蔵川ワンド。場所だけでなく、スポットも含めて、有名場所でした。
釣り方という面でも、護岸やゴロタでのベイトフィネスのネコリグ、テトラのヘビーダウンショット、浚渫のフットボール、ジャカゴや石積みでのシャッドなど、この水系を釣るなら定番なものばかり。シャッドなんて全員同じやつでしたからね。シークレットなんて存在しません。


北選手のデッキに積まれたタックル。シャッド、ヘビーダウンショット、ネコリグなど当たり前なものばかり。しかし、ラインやフック、ロッド、リールといったタックルバランスは精緻の極み。

勝たなきゃ意味ない試合ですし、人数少ないわけですから、狭いエリアで削り合う展開にはなりにくいわけで、やはり各選手とも自分らしさを押し出した試合内容でしたね。

川口選手のレンジアジャスト、イッチーの2日目のシャッドへ戻した展開などは、トーナメントで大事なのはその時そのときの判断力であり、適正なタイミングで適正なアプローチを行うことなんだなぁと感じさせてくれます。

もちろんその結論を導くための練習があってこそ、なんですけどね。


なぜかエリート5に行くとトレーラーの運転手係になるワタクシ。北選手のみならず仰せつかりました。このカットを撮ってたときは本編で見切れてましたね、スミマセン。

やはり試合本番の動画は見てて楽しいです。どんどん増えて欲しいものです。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。