バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBトップ50七色ダム戦初日結果



いよいよ開幕したJBトップ50七色ダム戦。初日の結果は写真の通り。
トップウェイトは青木大介選手の4545g。頭一つ抜けてます。二位には山木選手が57センチ、3キロオーバーを含めた2本のウェイトで3760g。
戦前予想に比べて良く釣れている印象ですが、恐らく天気が崩れて風や雨がプラスに働いたのかも。

ただし、冷静に初日結果を見ると戦前予想のタフさはそのままかもしれません。
リミットメイクは7名のみ。トップ10でも5名のみですから、キッカーが入った選手が半分いるということになりますね。果たして残り2日間もキッカーを混ぜることができるかどうか。簡単なことではないでしょう。

2500gで8位、2000gで12位、1500gで19位ですから、ローウエイトでタフな展開はむしろ戦前予想通りとも言えます。2500gを3日間続けられれば表彰台は確実との予想は間違いではありませんでした。
ただし、トップ50にはウエイトが加算されるので、初日トップの青木大介選手が叩き出した4545gはかなりのアドバンテージになりましたね。


リミットメイクに成功している選手の中でも、エリアのバッティングや多くの選手が知りうる大場所であったりすると、明日のフライト順(初日と逆から)などで思うように入れないこともあり得ます。複数のスポットでキーパーをキャッチして来た選手や粒揃いでまとめてきた選手が優勝争いをリードするでしょう。あくまでも個人的なイメージですが、青木選手、市村選手が良さげな印象で、五十嵐選手、今江選手が怖い存在かなぁ、と。
北選手は勝負パターンを貫くことが出来れば昨年の遠賀川戦のように上がって来るでしょう。山岡選手も何かを掴んだ印象でしたので、明日の爆発は十分あり得ると思います。




明日はかなり冷え込みが厳しくなるようですから、シャローに新たな魚が供給されにくい状況だと思います。安定感のあるエリアはバッティング必至ですし、選手にとってはフラストレーションのたまる展開が予想されますが、気持ちを切らずに、落ち着いて戦うことが出来る選手が優勝争いをリードすると思います。

明日も熱い戦いを期待しましょう!
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。