バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシングショー 新製品ネタ

さて、まだまだネタは続きますよ。フェンウィックのエナジーも紹介しておきたいところなんですが、写真撮り忘れたし、テストネタは結構アップしてきたので、ワームに行きましょう。

大阪では琵琶湖ガイドと協力して作り上げてきたPDLのマルチスティック4.5、5.5インチ、マグナムシェイキー7インチなんかに注目が集まってましたが、横浜では関東リザーバーやスモールマウスレイクで頑張ってくれそうなワームを見てほしいですね。

そんな一つがコレ↓

スーパーマイクロチューブ!
PDLスーパーマイクロチューブ

リアル系ワームって見た目のリアルさを追求するのはもちろん大事なんだけど、何よりもワームとしての機能を持ち合わせることがもっと重要。
たとえばゲーリーとか他の普通のワームの場合、細かい波動とかフォールの姿勢、パーツの動きとかを重要視しますよね?リアル系のワームだって、見た目で魚を誘う効果はあるにせよ、動きって言うのは大事だと思います。

このマイクロチューブも小型チューブとして釣れる要素を追求しました。絡み合って動きの出にくいスカート部分は下半分を大胆にカット。本数も少なめにして水流に機敏に反応するようにしています。さらに真ん中2本は長めに残すというコダワリよう。
ワームの素材と製法もあって、やや硬めのボディはディープの水圧に負けてつぶれてしまうことを防ぎます。

もうひとつのリアル系はコレ↓
ウロコ目入り、テールにもひと工夫アリ。
PDLスーパーフィンテール

これもチューブ同様、見た目のリアルさのみを追及してはいません。テール部はアクション重視。フィンの後方は厚みを増して水を多く受け、テールを後方に引っ張りつつ細かに震えます。ミドストではちょっと控え目なロールを見せ、ナチュラルにバスを誘ってくれます。

すでに七色、池原の番人、ローカルトーナメント連戦連勝山岡プロが、この時期の池原ダムであと1センチでロクマルというモンスターをこのワームのミドストで仕留めています。ボディはシャッドシェイプより少し短くなっていて全長2.7インチ。写真のカラーでは分かりにくいですが、ボディには細かいウロコ目も刻んであるので、パール系の塗装がされたカラーはリアルさ、フラッシングパワーもアップ、です。


リアル系は何となく流行りもので終わってしまう匂いがプンプンしますが、やはり水のきれいなところでは強いですよね。ましてやそれがワームとしてのアクションも持っているとなれば・・・。

今年のスモールマウスはこれ使おうっと。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。