バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドストロッドと言えば

山岡プロの池原爆釣動画が静かに広まっている感じですが、小出しにしまくるルアーニュースTVでは、実釣動画に引き続き、タックルセッティングなどディープな話を山岡プロの解説にて紹介しています。


そんな中で、今回の実釣で爆発したPDLスーパーフィンテールなどを使用した「フラッシングミドスト」テクに使われたロッドの紹介がありました。

まぁ、いまさら言うまでもないんですが、これはねぇ、いろいろなメーカーのロッドを見てきたけれども・・・。

テクナGPのTAV-GP64SULJしかありませんなぁ・・・・。

いや、僕が言うと宣伝文句(ま、そうなんだけど)ぽくって信用できないとかあるかもしれないんだけど、どう公平な目線で見ても、ミドストやるならこのロッドしかあり得ませんわ。

テクナGPのアラミドヴェールが生み出すしなやかなトルク、粘りが結果としてシェイクの振り幅、スピードを楽にコントロールしてくれます。だからラインのたるみと引っ張りのバランスをロッドが演出してくれる。初心者でもこのロッドを使えばミドストの習得には時間がかからないはずです。

ティップ、ベリー、バットの3パートのつなぎが絶妙で、それぞれがしっかり役目を果たしてくれています。
64のULというスペックはTAV-GP64SULJの登場後、多くのフォロワーを生みましたが、素材特性とも相まって、ミドストロッドとして完成されているのはこのロッドしかないと思います。

ロッドの開発をする上で大事なことは「ロッドの性能が使い手をどれだけ助けてくれるか」です。そのための素材選びであり、グリップやロッドの長さ設定であり、アクション設定であるのです。

僕自身、このロッドはかなり愛用しています。開発の仕事をしていく上で、常に新しいロッドのテストに明け暮れているので、実は長年にわたって愛用するロッドっていうのはほとんどない(というか使う時間がない)のですが、
このTAV-GP64SULJだけは、試合の時に必ず持っていくロッドです。

山岡プロの解説はコチラ
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。