バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BASS MASTER CLASSIC の思い出その2

さて、今開催中のバスマスタークラシックは、2日目を終えてKVDことケビン・バンダムが僅差の2位。アイクことマイケル・アイコネリが4位、大森貴洋が7位となっています。今日が最終日ですが、首位のジェフ・クリートとKVDは同じエリアで釣っているようなので、果たしてどうなることやら、興味が尽きませんね。

まぁ、詳しいレポートはBasser誌、雰囲気はESPNの放送を楽しみにしましょう。
で、Basserと言えば、アメリカ記事が生命線?ってわけですが、とりわけ大森さんの記事については、他誌の追随を全く許さない、詳細かつ迫真の記事が多いですよね。
彼が渡米してから、現在に至るまでをしっかりとフォローしていたのはBasserだけですから、これはサスガというべきでしょう。

そんな大森さんがクラシックを制したのは2004年。レイク・ワイリーで開催された試合でした。
その特集記事はBasser 2004年10月号で詳細にレポートされています。

この号は宝物
この号は何度読んでも涙が出そうになる。

無一文からアメリカでの頂点へと上り詰めた大森さんのヒストリーを、試合の模様から子供の頃に至るまでを、情感たっぷりに、綴っています。
まさにアマケン節炸裂!といった感じで、試合のリアリティとかではなく、大森さんの生き様を知る号としての構成(雨貝氏本人も大森特集を当初から予定していた、と書いています)です。

僕は創刊号(中学2年)からのBasser愛読者ですが、この号は出色の出来だと思います。


で、思い出というからにはただその号を持っているというわけではありませんよ、うん。

じゃーん!
直筆サイン入りだ!
大森さん本人からサインを頂きました!しかも日付見てくださいよ、8月27日!
クラシックが終わったのが8月1日ですから、1月たたないうちに、日本で書いてもらったんです。

ちょっとした縁で大森さんにお会いする機会があったので、そこでサインを頂きました。

いやぁ~、コレを改めて読むと、またこみ上げるものが・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。