バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖テスト

さぼりぐせがついてますが・・・。

琵琶湖に行ってまいりましたよ。今回は月曜からの出張でしたが釣りをしたのは水曜木曜の2日間のみ。
月曜は大雪でしたから、まぁ釣りじゃなくて良かったんですが。


ブリブリの50
ええ、50アップ、腹パンパンの魚、釣らせてもらいましたよ今回も。


月曜大雪ってことで、一気に冬めいてしまい、水曜木曜とも厳しい釣果ではありました。特にテストとなるとある程度釣り方に制約を設けざるを得ませんし、テストネタ以外でも、押さえの釣りっていうのはやらないですからね。

ベイトフィネス元年ってことで、関東を中心にベイトフィネスねたは激アツなわけですが、琵琶湖はなんせデカバスレイク。なかなかフィネスっていう概念が受け入れられにくい土地柄です。
ましてやベイトフィネスですから、「なにそれ」「いらんやろ」と、良く理解されないまま否定的に捉えられている印象も無きにしも非ず。

ただねぇ・・・。

例えば6lb以上のライン巻いたスピニングでライトリグやったり、PE使ってジグヘッドやったりしてるんですよね。それなら確実にベイトフィネスセッティングの方が使い勝手がいいし、バスも獲れると思うんですよね。
そんなわけで、その辺の有効性も探りつつ、新たなロッドのプロトやルアーのチェックも行うために琵琶湖で釣りをしたというわけです。

水曜日はイッチーこと市村プロに乗せてもらいました。
GWT72CMHJにキャリラバHDで
ホント強烈に寒く、浚渫のピンなどで粘らない限りなかなかハメるのが難しい状況。
朝イチはシャロー勝負!ってことで、最終サンプルのTAV-GP711CXHJにPE50lbを巻いたヘビータックルに1oz.テキサスをリグってフローティングマットを撃って。

今年発売されたばかりのGWT72CMHJにキャリラバHD(Newスカート仕様プロト)+ワンナップシャッド5インチのスイムジグ。

さらにはイッチープロデュース、フルソリッドモデルGWT60SL-SJのライトリグ。

そして僕はベイトフィネス、GWT64CLP+J+レボエリートKTFワークスフィネス+FCスナイパーBMS7lbに、1/32oz.スワンプネコリグ。

そのいずれもで魚をキャッチ。

ベイトフィネスでもキャッチ
ベイトフィネスはもっとウィードが伸びてきたらさらに有効になるはず。1/32oz.ネコリグ、楽々キャストです。

木曜日は北大祐プロに同船。
朝から暖かい雨。「こりゃ、釣れそう!」と思ったんですが、そう甘くは無く。
北プロのガイドパターンであるクランキングをやり通せばそれなりに結果は出たんでしょうが、そこはテストなんでテーマと無縁すぎる釣り方はNG。
キャリラバHD+ワンシャで
TAV-GP74CHJにキャリラバHD+ワンナップシャッドのスイムジグでキャッチ。

テクナGPで試作したベイトフィネスロッドなども試すことができ、厳しい状況ながらも有意義なテストでした。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。