バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロッキーチューニング中

無塗装はシラウオイメージ。奥はステルスペッパー。

グロッキーはフローティングモデルが先行発売されていますが、フローティングオンリーでは様々な状況に対応しきれないのが現実です。

じゃ~最初からサスペンドとかスローシンキングを出せばいいのに、という声が聞こえてきそうですが、沢村プロの実釣経験から、一つのシンクレートではグロッキーのポテンシャルを100%引き出すことが出来ない、ということがわかっていました。
メーカーがマスプロダクションモデルとして販売する上で「チューンして使う」という謳い文句はある意味タブーであり、それは色々思い悩むこともあったのが事実。しかし、「これ投げとけば釣れる!」という今の業界内に氾濫するコロシ文句に疑問符を持っていたのもまた事実でしたので、沢村プロとも協議して「フローティングとサスペンドの両方を出そう。チューンが難しいシンキングはダメだ」という結論に至ったわけです。

ですから、グロッキーは、

フローティングモデルをパケから出してそのまま使う=フローティング
サスペンドモデルをパケから出してそのまま使う=スローフローティング(水温により左右されますが、沈むことはほぼありません)

という、買ってそのまま使う使い方だけでなく、むしろこれら2モデルにウェイトチューンを施して

フローティングモデル+ウェイト
サスペンドモデル+ウェイト

を加え、その浮力、沈下速度をコントロールすることで、自分の行くフィールドの、"その日、その時”のバスのコンディションに合わせたMyグロッキーを作り上げていくことが重要なのです。

ま、正直言ってめんどくさいです。
でも、チューンが、"その日、その時”のバスのコンディションにぴったりハマったとき、グロッキーは極めてストロングなルアーになるはずです。特にクリアウォーターではね。

この週末にはマスターズ第二戦が河口湖であります。聞けばシラウオがうじゃうじゃシャローに差しているとか。
で、それにリンクするビッグなバスも・・・。

マスター戦ともなると選手それぞれがシラウオルアーを自作してきていますが、僕は当然グロッキーで勝負ですよ。
無塗装モデルとか、ちょっと開発者の特権も利用しますが・・・・。

せっせとウェイトチューンです。

試合は雨も予想され、タフでしょう。プリプラも出来ていないし、自分にとって河口湖はなかなかモチベーションを上げにくいフィールドなんですが、それゆえに自分でチューンしたMyグロッキーで気持ちを切らさず頑張らなくっちゃね。
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。