バス釣り喜怒哀楽 鬼形 毅の裏日々是開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桧原湖でステルスペッパー炸裂中!

TOP50北浦水系戦を終えて、関西圏のプロ達はそのまま次の試合のプリプラに直行しているようです。

桧原湖と言えば、スモールマウス。この時期はネストが絡む時期でもあり、適当にキャロとかやってればネストの魚がブラインドで釣れてしまい、釣果はイージーなんだけど釣り方は単調・・・って状況かなぁ、と想像してました。


・・・・が!



プラクティスを開始した北大祐プロが驚愕の釣果を叩き出したようです!


ルアーはステルスペッパー

その数、なんと50匹以上!!


いやぁ~釣り過ぎでしょう・・・・。
ステルスペッパー!

ステルスで釣れるってことは巻いて浮かせて釣ってるわけで、まぁネストの魚ではほぼ無いでしょう。
北プロの話では、ほとんどがプリの魚らしく、シャローで投げて巻くだけでボッコボッコに釣れたそうです。

シンキングのダブルスイッシャーっていうのはガンクラフトさんのスクリューベイトに端を発したジャンルなわけですが、これまたアクション、波動、プロップの回転や材質など、奥のふか~い世界。

コレ!っていうひとつで終わるのではなく、状況にあわせて味付けの違うスクリューベイトを使い分けることで、爆ハマリする可能性があるジャンルだと思います。ちょうどダブルスイッシャーの世界にインパクトを与えたプロップペッパーとかと同じですね。似て非なるモノ、これが決め手になることがあります。

ステルスペッパーはプロップの回転にコダワリ、0.2mmという極薄ステン素材を採用しています。この薄さだとあっさり曲がってしまうので、弾性のあるバネ材です。
そしてデッドスロー、いやルアーを止めても惰性で回るくらいの高回転。回り出しも極めて軽く、生み出す波動も微弱でナチュラル。この辺はプロップペッパーと対極にあるコンセプトですね。

さらにはボディの重心位置によって高回転のプロップに左右されないブレないボディ。これはリトリーブスピードに関係なくボディはロールしません。つまりはノーアクション、I字系ですね。

これらが相まって生み出される効果はと言うと。

プロップの輝きと水流変化でバスを呼ぶ→バスが寄ってくるとなんとも無防備にボーッと泳ぐ小魚→バイト!
とか、
なんとも無防備な小魚を発見→近づいて見るとなんやら微妙な水流でフックもプロップも見えないぜ→バイト!!

とまぁ(妄想もありますが)、首尾よくいった場合(コレ大事)は釣れるわけです。
実際にサイトで釣ってみると、ホント直前になって突然ルアーの存在に気付いて、あわててバイトするヤツとか、真後ろをジーッとついてくるくせに、最終的にはバイト!とか、ルアーの偽物感?を消してくれるイメージがあるように感じますね。


ま、試合のときはパターンが違うんでそう簡単には釣れんでしょうが、それでもステルスペッパー、投げてみたいですな、桧原湖で。


スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。